男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ザ・クロウ

  • ざくろう
  • The Crow: City of Angels
  • The Crow: City of Angels

amazon


  • 平均評点

    67.1点(22人)

  • 観たひと

    45

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ホラー / ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 1996
公開年月日 1997/3/1
上映時間 86分
製作会社 エドワード・R・プレスマン・プロ(ディメンション・フィルムズ=ミラマックス・フィルムズ提供/製作協力*ジェフ・モスト・プロ)
配給 松竹富士配給(松竹=アミューズ提供)
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

荒廃した近未来ロサンゼルスを舞台に、ストリート・ギャングに幼い息子を殺された男が、カラスの霊的な力で不死身の存在として甦り、復讐を果たす姿を描くダーク・ファンタジー。ジェームズ・オバーの同名の人気コミックを基に、94年に故ブランドン・リー主演によって映画化されてヒットした「クロウ/飛翔伝説」の第二弾。続編ではなく、主演には「王妃マルゴ」「恋人たちのアパルトマン」などのフランスの人気俳優ヴァンサン・ペレーズが起用され、デイヴィッド・S・ゴイヤーが新たな脚本を執筆、監督には『ザ・キュアー』などのヴィデオクリップの監督で知られ、本作が長編劇映画デビューとなるティム・ポープがあたり、前作よりもさらに原作コミックに忠実な映像世界の再現が図られた。製作は「クロウ」「D.N.A.」のエドワード・R・プレスマンとジェフ・モスト。撮影はレオス・カラックス作品で知られる、「水曜日に抱かれる女」のジャン=イヴ・エスコフィエで、スタイリッシュな映像は見もの。音楽は「ザ・クラフト」のグレアム・レヴェルで、ホール、コーン、PJ・ハーヴェイなどオルタナティヴ系アーティストの様々な楽曲が画面を彩る。美術はアレックス・マクドウェル。共演は「エキゾチカ」のミア・カーシュナー、TVシリーズ『LAロー』のリチャード・ブルックスほか。また、元“ザ・ストゥージス”のヴォーカリストで、原作者のオバーが描くキャラクターに影響を与えたという、「デッドマン」のイギー・ポップが特別出演。

あらすじ

“シティ・オブ・エンジェルス”と呼ばれる、太陽が消えて荒廃したロサンゼルス。殺人を目撃したばかりに、ストリート・ギャングの一団によって、幼い息子ダニー(エリック・アコスタ)ともども水中に沈められて殺されたアッシュ(ヴァンサン・ペレーズ)は、死者の魂を甦らせるカラス<クロウ>の力によって、この世に不死身の存在として復活した。かつて恋人と共に殺されながら墓場から甦ったロック・ミュージシャン“エリック”の復活を目撃していたサラ(ミア・カーシュナー)は、美しいタトゥー・アーティストに成長していた。彼女は再びカラスによって甦ったアッシュに出会い、自分の死と復活が理解できない彼に、カラスの霊的な力を信じさせる。アッシュはサラの手で、ダニーの絵の具によって“クロウ”へと変身を遂げた。アッシュとダニーを殺したのは、街を支配するストリート・ギャングの頭目ユダ(リチャード・ブルックス)だった。“クロウ”はカーヴ(イギー・ポップ)はじめ、ユダの配下である自分と息子を殺したギャングたちを血祭りにあげていく。それを知ったユダは、サラをつかまえ、“クロウ”の正体を知って、カラスを捕らえてその命を奪う。力の源を失い、絶体絶命のアッシュ。折から街は“死者の祭り”で狂乱の極み。とどめにユダはアッシュを絞首刑にかける。だが、その時、アッシュは苦痛を新たに力の源とした。幾万のカラスの群れがユダの肉体を引き裂いた。かくして復讐を遂げたアッシュは、ダニーの元へと旅立つのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1997年5月上旬号

劇場公開映画批評:ザ・クロウ