男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

クラッシュ(1996)

  • くらっしゅ
  • Crash
  • Crash

amazon


  • 平均評点

    64.5点(116人)

  • 観たひと

    226

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 カナダ
製作年 1996
公開年月日 1997/1/25
上映時間 101分
製作会社 アライアンス・コミュニケーションズ
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

車の衝突事故だけに性的エクスタシーを覚えるようになった夫婦の倒錯的な愛の姿を描いた一編。英国を代表するSF作家J・G・バラードが73年に発表した同名小説(邦訳・ペヨトル工房刊)を、「ビデオドローム」「裸のランチ」「エム・バタフライ」の奇才、デイヴィッド・クローネンバーグの監督・脚本・製作で映画化。製作総指揮は「リトル・ブッダ」ほかベルナルド・ベルトリッチ作品で知られ、「裸のランチ」でクローネンバーグと組んだ異才ジェレミー・トーマスと、アライアンス・コミュニケーションズの会長で「JM」を手掛けたロバート・ラントス。撮影のピーター・サシツキー、音楽のハワード・ショア、美術のキャロル・スピアー、編集のロン・サンダース、衣裳デザインのデニス・クローネンバーグ(監督の実妹)は「エム・バタフライ」に続く参加で、それぞれクローネンバーグ作品の常連として知られる面々。主演は「セックスと嘘とビデオテープ」「水曜日に抱かれる女」のジェームズ・スペイダーと「ハイランダー3/超戦士大決戦」のデボラ・アンガー。共演は「ホーム・フォー・ザ・ホリデイ」のホリー・ハンター、「エキゾチカ」のエリアス・コーティアス、「パルプ・フィクション」のロザンナ・アークェットほか。

あらすじ

トロント。CFプロデューサーのジェームズ・バラード(ジェームズ・スペイダー)と妻のキャサリン(デボラ・アンガー)は倦怠期を迎え、お互いのセックスでは感じることができず、家庭外で情事にふけっていた。ある日。ジェームズは出張で空港に向かう途中、ハイウェイで衝突事故を起こす。相手のレミントン夫妻は運転していた夫は死亡、妻のヘレン(ホリー・ハンター)はジェームズと同じ病院に運び込まれた。しばらくして、歩けるほど回復したジェームズは、病院内でヘレンと出くわす。女医である彼女は夫の死にもたじろがず、毅然としている。ヘレンの連れは顔に大きな傷のある男で、事故の写真をジェームズに見せる。ジェームズは事故を起こした自分の車を見に行き、そこでヘレンと再会。車の中でやおらセックスする二人。彼らを結び付けたのは自動車事故の瞬間、なぜか強烈に覚えた性的エクスタシーだった。ヘレンはジェームズに、自動車事故に性的快感を覚える秘密の集団“クラッシュ・マニア”の会の存在を教え、会合に連れていく。その夜のメイン・イヴェントは、あの時のヘレンの連れの男、ヴォーン(エリアス・コーティアス)が再現する、ジェームズ・ディーンの死を招いたポルシェ550の衝突事故。ジェームズはヘレンとともにヴォーンが案内した家へ。そこにはギプスをはめた片足に、ヴァギナの如き裂傷を持つボンテージ美女、ガブリエル(ロザンナ・アークェット)をはじめ、クラッシュ・マニアが集っていた。彼らの教祖的存在のヴォーンはジェームズに、自身のテーマ、“車とエクスタシーの研究”を手伝ってくれという。彼らは夜毎クラッシュの場面のヴィデオをみては興奮し合った。ある日。ジェームズはヴォーンがユーノスに乗るキャサリンをつけるのを目撃。キャサリンもヴォーンに気づき、二人は彼のセックスを想うことで久しぶりに燃える。ヴォーンはひき逃げ事故の容疑で警察に拘束され、ジェームズとキャサリンは彼を迎えに行き、夜のハイウェイをドライヴ。大破した事故車を発見したヴォーンは、それがかの“ジェーン・マンスフィールドのクラッシュ”を再現しようとして死んだ仲間シーグレイヴと気づくが、カメラを回して興奮する。それを見守るキャサリンの妖しい眼差し……洗車場。バックシートで乱れ交わるキャサリンとヴォーン。バックミラーでそれを見つめるジェームズ。その夜更け。ジェームズはヴォーンに暴力的に犯された妻の身体を愛撫する。ジェームズはガブリエルとベンツの新車展示場へ。ギプスをつけた股間を開き、傷を見せつけるガブリエル。二人はカー・セックスにふけった。ヴォーンは身体に車のハンドルの刺青を入れた。彼の狂おしい決意に打たれ、ジェームズは彼と交わる。その朝。キャサリンの車にわざと傷をつけ、ジェームズと彼女を死と官能のドライヴに誘いながら、ヴォーンはハイウェイでハンドルを切りそこない、転落死した。彼の訃報を聞いて、慰め合うために車の中で交わるヘレンとガブリエル。ジェームズとキャサリンは、お互いがヴォーンの代わりとなって死のドライヴを敢行。幾度ものクラッシュをへて、キャサリンの車は大破。ジェームズは、車道の脇の草むらに投げだされた妻のかたわらに寄り添う。二人はまたエクスタシーを迎えつつあった。

関連するキネマ旬報の記事

1997年4月下旬号

劇場公開映画批評:クラッシュ

1997年3月上旬号

外国映画紹介:クラッシュ

1997年2月上旬号

特集 クラッシュ クローネンバーグ+バラードの挑発:デボラ・アンガー インタビュー

特集 クラッシュ クローネンバーグ+バラードの挑発:作品評

特集 クラッシュ クローネンバーグ+バラードの挑発:デヴィッド・クローネンバーグ監督 インタビュー

特集 クラッシュ クローネンバーグ+バラードの挑発:J・G・バラード インタビュー

1996年9月上旬号

COMING SOON【新作紹介】:クラッシュ

1994年5月下旬号

グラビア 《New Release》(新作映画紹介):クラッシュ