男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ミュリエルの結婚

  • みゅりえるのけっこん
  • Muriel's Wedding
  • Muriel's Wedding

amazon


  • 平均評点

    70.6点(13人)

  • 観たひと

    42

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 オーストラリア
製作年 1996
公開年月日 1996/10/12
上映時間 114分
製作会社 CIBY2000=ハウス&ムーアハウス=ミラマックス・フィルムズ=オーストラリアン・フィルム・ライナンス作品
配給 巴里映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

不細工で平凡な女の子が理想の結婚に成功するまでを描いたコメディ。75年の大ヒット曲『ダンシング・クイーン』が効果的に使用されているのも聴きもの。監督・脚本は新鋭のP・J・ホーガン、製作は彼の妻で「キルトに綴る愛」のジョセリン・ムアハウスと「ドッグ・イン・スペース」のリンダ・ハウスの共同、撮影は「シンガポール・スリング」のマーティン・ダグラス、音楽は「クロコダイル・ダンディー1、2」のピータ・ベストがそれぞれ担当。主演は舞台出身のトニ・コレットで、本作のために20キロも体重を増やして撮影に臨んだという。共演は「ダンシング・ヒーロー」のビル・ハンターほか。

あらすじ

海辺の町。ミュリエル(トニ・コレット)は、有力者を父に持ちながら、高校は中退、おまけに不細工、スポイルされた娘として友人からも敬遠される存在。そんな彼女だが結婚願望は強く、憧れはアバの『ダンシング・クイーン』に歌われる人生。彼女は自分を変えるため、名前もマリエルに改名して一路シドニーへ。高校の親友ロンダ(レイチェル・グリフィス)をパートナーに日夜結婚相手を探す日々。ある日。彼女はロンダがガンだと知って驚くが、これで妙案を思いついて実行。かつての友人たちの羨望のまなざしの中、みごとな幸せな結婚をつかみ取るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1996年10月上旬号

COMING SOON【新作紹介】:ミュリエルの結婚