男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

卵の番人

  • たまごのばんにん
  • Eggs
  • Eggs


  • 平均評点

    58.3点(6人)

  • 観たひと

    13

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 ノルウェー
製作年 1995
公開年月日 1996/8/10
上映時間 86分
製作会社 バルバル・フィルムズ作品
配給 ユーロスペース
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

二人の老人の緩慢なる日常を淡々と描いたファンタジー。監督・脚本は『拍手』(日本未公開)などのベント・ハーメルで、彼の長編デビュー作。出演は実際に大戦中共同生活していたというノルウェーの名優スヴェレ・ハンセンとヒュル・ストルモーンほか。

あらすじ

ノルウェー。雪深い森の一軒家。モー(スヴェレ・ハンセン)とファー(ヒュルストルモーン)の老人の兄弟が、毎日を完璧なルーティーンの中で暮らしていた。が、そんな緩慢だが、平穏な生活も、ファーがスウェーデン旅行中に作った実の息子コンラード(レイフ・アンドレ)の登場で徐々に壊れていく。ファーは車椅子の身となった息子の世話をはじめなくてはならなかった。ファーとの日課がなくなり、暇ができたモーは、それまで禁じられていた行動を開始。秘蔵のお菓子を盗み食い、酒を飲む。ところが、コンラードの卵のコレクションを盗み見ていて、口にしていたパイプで敷ワラをこがしてしまい、モーは“掟破り”のカドで家を追い出されることに。翌朝早く。トラックに乗って家を出たモーは、なぜか晴れ晴れした気分を感じていた。

関連するキネマ旬報の記事

1996年8月下旬上半期決算号

KINEJUN CRITIQUE:卵の番人

COMING SOON【新作紹介】:卵の番人