男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

司祭

  • しさい
  • Priest
  • Priest

amazon


  • 平均評点

    72.2点(21人)

  • 観たひと

    44

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1990
公開年月日 1996/6/15
上映時間 109分
製作会社 BBC映画作品
配給 セテラ・インターナショナル
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

カトリックの司祭でありながら同性愛者である青年の苦悩を描いたシリアス・ドラマ。教会と同性愛という現在欧米各国で政治的な争点となっている問題を始め、教会の権威主義、信仰層の政治的保守化、さらには告悔の秘密厳守というカトリックの司祭にとっての絶対の原則まで俎上に乗せたため、公開された各国で激しい議論や抗議運動を引き起こし、ついにはローマ法王庁から抗議声明まで発表された。監督は舞台女優、舞台とテレビの演出を経て、これが劇映画第1作になる女性監督アントニア・バード。彼女は本作の成功でアメリカに招かれて「マッド・ラブ」を監督した。脚本は人気テレビ・シリーズ「Crackers」で知られるジミー・マクガヴァーンで、自身がカトリックの寄宿学校で育った彼のライフワークでもある。主演は王立シェイクスピア劇団などで活躍する英国演劇界の若手のライナス・ローチで本作が映画初主演。共演は「父の祈りを」のトム・ウィルキンソン、「モナリザ」「ゾンビ伝説」のキャシー・タイソン、「リフ・ラフ」のロバート・カーライルほか。ベルリン映画祭国際批評家連盟賞ほか各賞を受賞し、各国で論争を巻き起こしながらヒットを記録。

あらすじ

リヴァプール。労働者区域の教会に熱意に燃える新任司祭のグレッグ(ライナス・ローチ)が着任した。だが主任司祭マシュー(トム・ウィルキンソン)はリベラル派で、左翼的な説教をして保守的なグレッグを驚かせる。しかも彼は司祭館の家政婦マリア(キャシー・タイソン)と愛人関係にあった。労働者階級の厳しい現実を前にグレッグの自信は揺らぎ、彼はゲイバーで出会ったグレアム(ロバート・カーライル)との激しい肉欲に身を任せる。行為の後グレッグは罪の意識に急いで立ち去るが、グレアムは彼を愛し始めていた。グレッグは告悔で高校生のリサ(クリンティーン・トレマルコ)から父に犯されているという告白を聞く。だが告悔の内容を漏らすことは許されない。リサの父(ロバート・プー)は近親相姦は自然な行為だとうそぶく。グレッグは慰めを求めてグレアムとデートするようになる。グレアムが彼のミサに来るが、グレッグは彼に聖餐を与えることができない。彼が懸命に神に祈っていたある午後、リサの母(レスリー・シャープ)がたまたま早く家に帰って夫が娘を犯しているのを目撃する。彼女はなぜ教えてくれなかったと彼を非難する。絶望したグレッグはグレアムに会い、二人は車の中で愛を確かめ合う。そこに警察が通りかかったためにグレッグの同性愛は裁判沙汰になってしまった。彼は自殺未遂の末に僻地の教会に転任させられた。その間もマシューは偏見に目を曇らせてはならないと説教を続け、またグレッグを訪問して負けてはならないと説得する。始めはマシューのリベラリズムを拒否していたグレッグだが、その飾りけのない誠意に、ついに彼と一緒に祭壇に立つことを決意する。日曜日のミサ、一部の信者は怒って席を立ったが、それでもかなりの人が残った。だが聖体拝受をグレッグから受けようとする者はいない。そのときリサが黙って彼の前にたち、彼の差し出す聖餐を受けた。グレッグは彼女を抱きしめ、許しを求めて涙を流すのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1996年9月上旬号

劇場公開映画批評:司祭

1996年8月上旬号

外国映画紹介:司祭

1996年7月下旬号

外国映画紹介:司祭

1996年6月下旬号

KINEJUN CRITIQUE:司祭

COMING SOON【新作紹介】:司祭