男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

キャリントン

  • きゃりんとん
  • Carrington
  • Carrington


  • 平均評点

    72.4点(14人)

  • 観たひと

    27

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル 伝記
製作国 イギリス フランス
製作年 1990
公開年月日 1996/1/13
上映時間 122分
製作会社 フリーウェイ=シェドロ・プロ=シネア&オルサンズ=ル・ステュディオ・カナル・プリュス作品
配給 日本ビクター
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

女流画家ドーラ・キャリントンと同性愛者の作家リットン・ストレッチーを結びつけた深い愛情の絆を描く伝記ドラマ。監督・脚本は英国演劇界の重鎮で、映画はこれが初演出となる劇作家クリストファー・ハンプトン。原作はマイケル・ホルロイド著の評伝『リットン・ストレッチー』(68)。製作は「イナゴの日」のロナルド・シェルド、ジョン・マクグラス、撮影は「仕立屋の恋」のドゥニ・ルノワール、音楽はピーター・グリーナウェイ作品で知られる「ピアノ・レッスン」の鬼才マイケル・ナイマン、美術は「父に祈りを」のキャロライン・エイミーズ、編集は「カラヴァッジオ」のジョージ・エイカーズ、衣裳デザインは「アナザー・カントリー」のペニー・ローズがそれぞれ担当。主演は「日の名残り」「ジュニア」のエマ・トンプソン。共演は「未来世紀ブラジル」「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事」のジョナサン・プライスほか。95年カンヌ国際映画祭審査員賞・主演男優賞賞(ジョナサン・プライス)受賞。

あらすじ

1915年、第一次大戦下のイギリス。リットン・ストレッチー(ジョナサン・プライス)はヴァージニア・ウルフの姉ヴァネッサ(ジャネット・マクティア)の海岸の別荘で画家のドーラ・キャリントンに紹介される。彼は同性愛を公言していたが、彼女に心魅かれるものを感じ、翌日海岸を散歩しているときに唇を奪ってしまう。キャリントンは画家でリットンの友人でもあるマーク・ガトラー(ルーファス・スーウェル)と交際中だったが、兵役忌避で審問を受けたリットンの堂々たる態度に既存の男性像を越えたものを感じ、彼を愛するようになる。キャリントンとリットンは田舎に家を構える。彼女の描いた壁画で飾られた美しい家、だが心の結びつきは強くとも、性の欲望は満たされない。キャリントンは戦争帰りのレイフ・パートリッジ(スティーブン・ウォディントン)を家に招き、リットンはその美しく逞しい肉体に魅了され、彼を家に引き止めてくれるよう彼女に頼む。彼女はレイフと結婚するが、本当に愛しているのはリットンだった。レイフの友人ジェラルド・ブレナン(サミュエル・ウェスト)が二人を訪ね、彼女と恋に落ち、夫婦の関係は危機を迎える。やがてリットンの著書『ヴィクトリア朝名士伝』が大成功を収め、一同は大きな城館に引っ越す。やがてリットンは若くて美しい青年を家に住まわせ、レイフには愛人ができ、そして一抹の虚しさを感じたキャリントンは粗野なヨット乗りのビーカス(ジェレミー・ノーザム)との肉欲に恥るが、心は満たされない。彼女は身ごもるが、リットンに激しい愛を告白し、あなたの子以外は産みたくないと告げて堕胎する。32年、リットン・ストレッチーは癌に倒れ、最愛のキャリントンに求婚できなかった自分の愚かさが恨めしいと言い残して死ぬ。彼の死の晩、彼女は排ガス自殺を試み、レイフに助けられる。彼は彼女を気づかうが、彼女は彼と愛人を説き伏せて追い出す。そした一人屋敷に残ったキャリントンは猟銃で自らの肉体を撃ち抜くのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1996年5月上旬号

劇場公開映画批評:キャリントン

1996年3月上旬号

外国映画紹介:キャリントン

1996年1月下旬号

KINEJUN CRITIQUE:キャリントン

1996年1月上旬新年特別号

グラビア 《New Releases [新作紹介]》 :キャリントン