男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

彼女たちの関係

  • かのじょたちのかんけい
  • a la folie
  • Six Days, Six Nights

amazon


  • 平均評点

    58.7点(9人)

  • 観たひと

    18

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ラブロマンス / サスペンス・ミステリー
製作国 フランス
製作年 1990
公開年月日 1996/9/28
上映時間 98分
製作会社 ニューライト・フィルムズ=フランス3シネマ作品
配給 パイオニアLDC=メディアボックス=シネセゾン
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

愛憎激しい“姉妹”の同居生活をスリリングに描いたラヴ・サスペンス。監督・脚本は「愛のあとに」の女性監督ディアーヌ・キュリス、エグゼグティヴ・プロデューサーは「愛のあとに」のロベルト・ベンムッサ。主演は「イノセント・ブラッド」のアンヌ・パリローと「ブリジット/女が男を奪う時」のベアトリス・ダル。共演は「ブリジット」に出演後、本作で本格的にダルと共演したパトリック・オリニャックほか。

あらすじ

パリ。新進アーティストのアリス(アンヌ・パリロー)は、パトロンを得て、恋人でプロボクサーをめざすフランク(パトリック・オリニャック)との同居生活も始めて、公私共に充実した日々。ところが、ある雨の夜。姉エルザ(ベアトリス・ダル)が戸口に。退屈な夫との生活から抜け出してきたのだという美しい人妻の彼女を迎えての同居生活がはじまる。わがまま放題でわがもの顔で部屋に居座るエルザにフランクは怒るが、アリスはなぜか何も言わない。ある夜。エルザはアリスとフランクの寝室を覗いていた。エルザの妹アリスに対する態度には異常なものがある。エルザはアリスのアトリエで、彼女の作品を見つけ、「あなたはいつも私の真似ばかりしていたわ」とつぶやく。かつて美しく芸術的才能にも恵まれたエルザは、アリスに芸術の手法も教えたのだった。アリスはそんなエルザに少女時代からコンプレックスがあり、やがて仕事も自信をなくし、精神も不安定に。エルザはさり気なく、フランクを誘惑もする。夫の浮気と育児に疲れた今のエルザは、立場はアリスと逆転しており、嫉妬があるようだ。アリスを愛しながらも、エルザにも抗しがたくひかれていたフランクは、二人の関係を疑い始める。6日6晩経った。「彼女をどうして追い出さない?」詰め寄るフランクに、アリスは告白。「わけがあるの。私たちは姉妹じゃないわ。私たちは愛し合っていたの。でも私にはそれは過去のこと。でも、エルザはそうじゃないの」錯乱したアリスは縛りつけられた。フランクは二人の関係に確信が持てない。それはエルザを抱いても同じだった。アリスは刃物をふりかざしエルザを襲うが、結局二人は彼の前で抱き合った。フランクは姉妹から去り、アリスもニューヨークへ赴き新生活に入った。だが、ある日アリスの部屋のドアの下にエルザからのメッセージが…。

関連するキネマ旬報の記事

1996年12月下旬号

劇場公開映画批評:彼女たちの関係

1996年10月上旬号

KINEJUN CRITIQUES:彼女たちの関係

1996年9月下旬特別号

COMING SOON【新作紹介】:彼女たちの関係