男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カップルズ

  • かっぷるず
  • 麻將/Mahjong
  • ----


  • 平均評点

    78.9点(39人)

  • 観たひと

    74

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 台湾
製作年 1990
公開年月日 1996/12/7
上映時間 121分
製作会社 原子電影作品
配給 シネカノン
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督エドワード・ヤン 
脚本エドワード・ヤン 
エグゼクティブプロデューサーデーヴィッド・サン 
製作余為彦 
撮影李以須 
李龍禹 
美術余為彦 
録音ドゥ・ドゥチー 
編集チェン・ポーエン 
字幕石田泰子 

キャスト

解説

急激な経済成長を遂げた都市・台北を舞台に、豊かさのなかで心の拠り所を失い人生の意味を見失った人々の虚ろな生態をバーレスクに映し出した一編。監督・脚本は「恐怖分子」「エドワード・ヤンの恋愛時代」のエドワード・ヤン。製作のユーウェイエン(美術も)、エグゼクティヴ・プロデューサーの香港の製作者デイヴィッド・サンは「恋愛時代」に続いての参加。撮影はリー・ユーと「恋愛時代」のリー・ロンユー。録音の杜篤之は「恐怖分子」から、編集の陳博文は「クー嶺街少年殺人事件」から引き続いてのヤン作品への参加となる。出演はヒロインのフランスから来た少女に、「沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇」のヴィルジニー・ルドワイヤン。台北の少年たちに「クー嶺街少年殺人事件」のチャン・シェン、ワン・チーザン、クー・ユーリンと『暴力の情景』(山形国際ドキュメンタリー映画祭95で上映)のタン・シャンシェン。また日本の監督、林海象が特別出演している。

あらすじ

台北の町である悪徳実業家(張国柱)が失踪した。暗黒街では彼に迫る糸口としてその息子を尾行することにする。その息子、通称“紅魚”(タン・シャンシェン)は“小仏”こと“歯磨き”(ワン・チーザン)、“香港”(チャン・チェン)、ルンルン(クー・ユーリン)の3人とつるみ、インチキ占いなどで大金を稼ぐ新進気鋭のワル。今人気の美容院の主ジェイ(趙徳)も彼らにカモにされている一人だ。ジェイの店をデザインした英国人マーカス(ニック・エリクソン)は、ロンドンで食い詰めて流れてきて、台北で有力者の娘アリソン(アイビー・チェン)と恋仲になることで成功を手にした男。その彼を追って、フランス人の元恋人マルト(ヴィルジニ・ルドワイヤン)が台北のハード・ロック・カフェに現れた。マーカスはマルトを店の外に連れだして激しく叱責する。そのあいだ寂しく取り残されたアリソンに香港が言い寄る。マーカスに振られ、タクシー運転手にカモにされそうになっていたマルトを、紅魚たちが助けてホテルに泊めてやった。そのホテルをマーカスが訪ね、二人は一夜を共にするが、心は離れたままだった。翌朝、四人組のアジトの香港の部屋で目覚めたアリソンは、四人組の掟通り他の3人ともセックスすることを強要される。マルトは台北で生活していく決意をするが、紅魚はそんな彼女をアメリカ女のジンジャー(ダイアナ・デュピュイス)の率いる売春組織に売ってひと儲けを企んでいた。彼の父は悪どい実業家だが、そんな父の冷酷な行き方を手本に思っている。紅魚と小仏はジェイの店で紅魚の父の知人と、その愛人らしいアンジェラに取り入る。アンジェラは実はかつて紅魚の父を破産させた女らしい。紅魚は香港に彼女を誘惑するよう命じ、また小仏にはアンジェラが愛人にもらったマンションは不吉だといわせて、ルンルンに命じて偽装の交通事故を仕掛ける。紅魚は愛人の所に隠れている父と会って、その人間的弱さに触れて幻滅を感じる。紅魚がハード・ロック・カフェでジンジャーと交渉している間に、ルンルンがマルトに想いを告白し、実家にかくまう。アリソンとマーカスのマンションで香港とアリソンが寝ていると、そこにマーカスが帰ってきて真相を知る。香港はアンジェラにいいように弄ばれて自尊心を失墜する。紅魚の父を脅迫するために紅魚を追っていた暗黒街の間抜けなギャング(ワン・ポーセン)は、勘違いでルンルンとマルトを捕らえてしまう。しかもマルトの機転で拳銃を奪われ、逆に仲間をおびき出すオトリにされてしまう始末。自分の父を狙う暗黒街の手先二人を手中にした紅魚は、逆に二人を連れて父の隠れ家に乗り込む。だがアパートで待っていたのは、心中した父とその愛人の死体だった。ギャングたちはうろたえて警察に通報する。警察に保護されたマルトを引き取りにきたのはマーカスだった。紅魚はくだんの父の知人に呼び出され、金は出すからこのマンションが不吉だというのを取り消してくれと頼まれる。実はアンジェラは彼の愛人ではなく、マンションは妾宅ではなく借金の返済の代わりであり、そしてこのアンジェラは紅魚の父を破滅させた女とは別人だった。真相を知った紅魚は狂ったようにこの男に拳銃を討ち込む。マーカスはマルトを車に乗せて台北の街を案内し、これからの世界の中心はここだ、ここからヨーロッパの奴らを見返してやるんだとうそぶく。彼がちょっと車を離れたあいだに、マルトの姿は消えていた。紅魚たちと訣別し、実家に戻ったルンルンに、家の下宿人たちがフランス人の女の子がお前を探しに来ていたぞと教える。夜の街に走り出たルンルンはマルトと再会し、ふたりはしっかりと抱き合う。

関連するキネマ旬報の記事

1997年4月下旬号

劇場公開映画批評:カップルズ

1996年12月下旬号

外国映画紹介:カップルズ

1996年12月上旬号

KINEJUN CRITIQUES:カップルズ

COMING SOON【新作紹介】:カップルズ