男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ガスパール 君と過ごした季節

  • がすぱーるきみとすごしたとき
  • Gaspard et Robinson
  • ----

amazon


  • 平均評点

    77.3点(14人)

  • 観たひと

    30

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 フランス
製作年 1990
公開年月日 1996/3/23
上映時間 93分
製作会社 レ・フィルム・デ・ラ・コリン=SGGC=SOFIARP作品
配給 にっかつ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

童心を忘れない愉快な中年男二人組をめぐるハートフル・コメディ。監督は『モンド』(95、東京国際映画祭女性映画週間で上映)などのトニー・ガトリブ。音楽は「シェルブールの雨傘」などの巨匠ミシェル・ルグラン、録音は「ヌーヴェルヴァーグ」などの名手フランソワ・ミュジーがそれぞれ担当。出演は「おっぱいとお月さま」などのジェラール・ダルモン、「ベティー・ブルー」などのヴァンサン・ランドン、「赤い風車」「殺意の夏」などのベテラン老女優シュザンヌ・フロン、「パリのランデブー」のベネディクト・ルドワイヤンほか。

あらすじ

南仏、プロヴァンス。中年男のガスパール(ジェラール・ダルモン)とロバンソン(ヴァンサン・ランドン)は無二の親友同志。失業者の二人は海辺で廃屋を改造した軽食堂を開くのが夢。ある日ロバンソンは、海辺に“姥捨て”されてしまったジャンヌ(シュザンヌ・フロン)という老女と会い、家に連れてくる。彼は幼い頃母親に捨てられた過去があり、哀れなものを放っておけない性分だった。一方、妻に捨てられて以来、家族の絆を拒否していたガスパールだったが、ロバンソンの哀願に負けて、同居を許す。さて二人の仕事は、昼は廃屋の修繕、夜は泥棒稼業。二人は昔錠前屋だったのだ。3人の生活にも慣れていよいよ開店の日も迫った矢先、またトラブルが。ロバンソンが幼い娘を連れた未亡人ローズ(ベネディクト・ルドワイヤン)に一目ぼれしてしまったのだ。おせっかい焼きのロバンソンに怒るガスパールだったが、ふとしたはずみで、ローズはガスパールに思いを寄せた様子。だが、ロバンソンのことを思うガスパールは、二人の幸福のために海辺を後にするのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1996年6月下旬号

劇場公開映画批評:ガスパール

1996年3月下旬号

KINEJUN CRITIQUE:ガスパール~君と過ごした季節

COMING SOON【新作紹介】:ガスパール~君と過ごした季節~