男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カウチ・イン・ニューヨーク

  • かうちいんにゅーよーく
  • Un divan à New York
  • A Couch in New York

amazon


  • 平均評点

    63.5点(13人)

  • 観たひと

    34

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル コメディ / ラブロマンス
製作国 フランス ドイツ ベルギー
製作年 1990
公開年月日 1996/7/6
上映時間 107分
製作会社 レ・フィルム・バレンシアガ=フランス第2チャンネル映画=M6フィルム=バベルスベルク・フィルム・プロ=パラディ・フィルム作品
配給 シネセゾン=東北新社
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ニューヨークの超エリート精神分析医と、パリに住むお人好しのダンサーの卵がアパートを交換したことから起こる騒動と恋を描く、風刺の効いたロマンチック・コメディ。監督は「ゴールデン・エイティーズ」「アメリカン・ストーリーズ/食事・家族・哲学」のシャンタル・アケルマン。製作は「オーソン・ウェルズ/イッツ・オール・トゥルー」のレジーヌ・コンキエとジャン=リュック・オルミエール。主演は「スモーク」のウィリアム・ハートと「トリコロール/青の愛」のジュリエット・ビノシュ。

あらすじ

ニューヨーク。五番街に立派なオフィス兼住居を構える精神分析医のヘンリー(ウィリアム・ハート)は気分転換にパリ行きを思い立ち、パリの新聞にアパート交換の広告を出す。それに応じたのがダンサーの卵ベアトリス(ジュリエット・ビノシュ)。こうして彼はパリ、彼女はニューヨークの暮らしが始まる。ニューヨークではヘンリーの留守にもかかわらず患者が押しかけ、お人好しの彼女が断りきれずに話を聞いてやると、皆そろってそれだけで元気に。一方パリのヘンリーはベアトリスに恋する青年たちの電話や手紙に悩まされ、直接押しかけてくる者に精神分析をしてやる始末。辟易したヘンリーが帰宅すると、今では“ベアトリス先生”の秘書気取りの彼女の友人アン(ステファニー・バトル)に追い返され、ブルックリンに住むデニス(ポール・ギルフォイル)の家に転がり込む。翌日、ジョン・ワイヤーという偽名を使った予約で、患者を装って自宅に戻った彼は、飼犬がすっかり元気で、植木も見違えるほど繁っているのに驚く。一方彼女のほうも一言も口をきかないこの謎の患者に困惑、それでも二人は翌日にもう一度会う約束をした。ヘンリーの婚約者リズベス(バーバラ・ギャリック)がベアトリスを彼の新しい同棲相手と勘違いして、犬を無理やり連れだす一幕も。ヘンリーは彼女に恋をし、彼女もジョンと、そして未だ会っていないヘンリーに恋を感じはじめていた。だがどちらも告白しないうち、ベアトリスがパリに戻ることに。ヘンリーは彼女に会うためパリ行きの航空券を入手するが、それはベアトリスの乗り遅れたキャンセル席だった。彼女は次の便でパリへ。自分のアパートに着いた彼女は、ジョンが実はヘンリーだったと知り、二人は抱き合う。

関連するキネマ旬報の記事

1996年10月上旬号

劇場公開映画批評:カウチ・イン・ニューヨーク

1996年8月上旬号

外国映画紹介:カウチ・イン・ニューヨーク

1996年7月下旬号

KINEJUN CRITIQUE:カウチ・イン・ニューヨーク

1996年7月上旬夏の特別号

COMING SOON【新作紹介】:カウチ・イン・ニューヨーク