男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ウェールズの山

  • うぇーるずのやま
  • The Englishman Who Went up a Hill But Came Down a Mountain
  • The Englishman Who Went up a Hill But Came Down a Mountain

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    73.2点(88人)

  • 観たひと

    138

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1995
公開年月日 1996/5/11
上映時間 99分
製作会社 パララックス・ピクチャーズ
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

第一次大戦後の英国ウェールズの小村を舞台に、ある丘の測量結果をめぐる騒動をハートウォーミングなタッチで描く一編。ウェールズ出身のクリストファー・マンガーが、故郷の伝説を基に自ら監督、脚本。エグゼクティヴ・プロデューサーは「大地と自由」のサリー・ヒビンと、ロバート・ジョーンズ、ミラマックスを率いるボブ&ハーヴェイ・ワインスタインが担当。主演は「いつか晴れた日に」のヒュー・グラント。共演は「泉のセイレーン」のタラ・フィッツジェラルド、「スナッパー」のコーム・ミーニー、「ジム・キャリーのエースにおまかせ!」のイアン・マクニース、「フォー・ウェディング」のケネス・グリフィス、「バック・ビート」のイアン・ハート。なお、劇中の村人たちの多くがロケ地ウェールズの人々から選ばれ、物語さながらに丘の盛り土作業に従事したという。

あらすじ

1917年のある日曜。ウェールズのとある小村を二人のイングランド人が訪れた。ジョージ・ガラード(イアン・マックニース)とレジナルド・アンソン(ヒュー・グラント)、彼らはその地の“山”フュノン・ガルウの測量にやって来た技師だった。二人は“好色”モーガン(コーム・ミーニー)の宿屋に泊まるが、測量の噂はたちまち村中に伝わり、フュノン・ガルウの高さをめぐって話題はもちきり、賭けまで開帳される始末。フュノン・ガルウこそは、歴年、侵略者から村を守ってきた、村人の誇りなのだ。だが測量の結果、フュノン・ガルウは標高299メートル、“丘”に過ぎないことが分かり、村は騒然となった。“山”と認められるには、305メートルの標高が必要なのだ。集会所で、事態を話し合う村人たち。モーガン、そして彼と犬猿の仲のジョーンズ牧師(ケネス・グリフィス)の提案に、一同の見解は決した。一致団結“丘”を“山”にするのだ。翌朝、大作戦が始まった。まず、技師たちの車をわざとエンコさせ、足どめに成功。一方、老若男女、子供たちまで総出で、フュノン・ガルウの土盛りが始まった。鉄道までも操作して、足どめする村人たちに、お手上げとなるガラードとアンソン。挙げ句、ベティ(タラ・フィッツジェラルド)という娘まで現れて、色仕掛けで迫るが、そんな村人たちのすったもんだに、若いアンソンは心動かされていく。しかし、村人たちの奮戦むなしく、木曜、無情の雨が降り出し、盛り土は無惨にも流れ出してしまう。技師たちが現れてから一週間の日曜の朝、二つの奇跡が起こった。雨が止み、モーガンとジョーンズ牧師に対話が成立したのだ。今日が最後のチャンスだった。安息日だが、ジョーンズ牧師自ら、率先して最後の盛り土が始まった。盛り土を安定させるため、ラグビー場の芝生までが剥がされるが、教師デーヴィス(ガーフィールド・モーガン)ももはや何も言えなかった。今やアンソンまで村人と一つになり、盛り土を手伝っていた。日が暮れる頃、一見壮健だが実は年齢82だったジョーンズ牧師が倒れ、静かに息を引き取った。彼はその場で盛り土に葬られた。日は没し、測量は不可能、全ては水泡に帰したかに見えたが、この村を、ベティを愛し始めたアンソンの心は揺らいだ。結局、ベティと共に、フュノン・ガルウで日の出まで夜を明かすアンソン。翌朝、測量したアンソンは、フュノン・ガルウの標高が306メートルとなったこと、ベティと婚約したことを一同に告げた。ここに“山”が生まれ、一つの愛が成就した。この物語が、今でもウェールズの人々に語り継がれて、生きているのである。

関連するキネマ旬報の記事

1996年7月上旬夏の特別号

劇場公開映画批評:ウェールズの山

1996年5月上旬号

COMING SOON【新作紹介】:ウェールズの山