男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

サワダ SAWADA 青森からベトナムへ ピュリッツァー賞カメラマン沢田教一の生と死

  • さわだあおもりからべとなむへぴゅりっつぁーしょうかめらまんさわだきょういちのせいとし
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    71.4点(8人)

  • 観たひと

    14

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 戦争
製作国 日本
製作年 1996
公開年月日 1997/2/22
上映時間 115分
製作会社 みちのく銀行(制作担当*グループ現代)
配給 グループ現代
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督五十嵐匠 
制作小泉修吉 
撮影堀田泰寛 
音楽寺嶋民哉 
録音中山隆匡 
編集加納京子 
助監督近藤亮一 

キャスト

解説

ベトナム戦争に報道カメラマンとして加わり、ハーグ世界報道写真展グランプリ、ピュリツァー賞、ロバート・キャパ賞など多くの賞に輝いたカメラマン・沢田教一の生涯を追った長編ドキュメンタリー。波乱の人生を送った彼の人と生きざまを、サタ夫人ら肉親や、高名な世界中のジャーナリストたちを含む友人・知人などの証言をもとに浮き彫りにしていく。監督は劇映画「津軽 TSUGARU」「ナンミン・ロード」の五十嵐匠。沢田が関わりを持ったベトナムの人々のその後を丹念に追跡した、本作スタッフの仕事ぶりは注目に価する。96年度キネマ旬報文化映画ベスト・テン第1位。16ミリ。

あらすじ

1936年、青森市に生まれた沢田は、13歳の時に新聞配達で得た金で初めてカメラを買って以来その魅力にとりつかれ、61年、UPI東京支局に取材記者として入社した。カメラマンとしての自分をなかなか認めてくれない会社に苛立ちを覚えた彼は、自費でベトナム戦争の取材を敢行し、これにより世界的に認められるようになったが、70年にカンボジア戦線の真只中でクメール・ルージュと思われる組織に狙撃され、その短い生涯を閉じる。

関連するキネマ旬報の記事

1997年4月上旬春の特別号

日本映画紹介:SAWADA

1997年3月上旬号

COMING SOON【新作映画紹介】:サワダ/SAWADA

1996年11月下旬号

試写室:サワダSAWADA