男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

トカレフ(1994)

  • とかれふ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.1点(34人)

  • 観たひと

    73

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 1994
公開年月日 1994/3/5
上映時間 103分
製作会社 サントリー=バンダイビジュアル=荒戸源次郎事務所作品
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画(提供 アルゴ・ピクチャーズ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督阪本順治 
脚本阪本順治 
原案徳田寛 
企画荒戸源次郎事務所 
製作稲見宗孝 
桑原寧 
荒戸源次郎 
プロデューサー椎井友紀子 
撮影石井勲 
撮影効果多正行 
美術金勝浩一 
音楽梅林茂 
音楽プロデューサー梅林茂 
録音橋本文雄 
柿澤潔 
照明櫻井雅章 
編集高島健一 
助監督杉山泰一 
スクリプター今村治子 
スチール佐藤ヒデキ 

キャスト

出演大和武士 西海道夫
西山由海 西海あや子
芹沢正和 下山俊和
國村隼 高橋刑事
牧口元美 幼稚園園長
鈴木晋介 和田刑事
水上竜士 田中刑事
尹明蘭 夏美
類家大地 西川タカシ
佐藤浩市 松村計

解説

誘拐犯に息子の命を奪われ、妻にも去られてしまった男の復讐を描く緊迫感あふれるアクション。「王手」以来2年ぶり、4本目の映画となる阪本順治監督・脚本作品で、「鉄拳」に続いて大和武士が主演する。撮影は石井勲が担当。94年度キネマ旬報読者選出日本映画ベストテン第6位。

あらすじ

幼稚園バスの運転手・西海道夫は妻あや子、息子タカシと平和な生活を営んでいた。ある日、バス運転中に信号待ちをしているところへ、突然バイクに乗った覆面の男が窓の外から拳銃トカレフをタカシに向け、あっという間に連れ去ってしまった。呆然と見送る道夫。傍には覆面男にバイクを盗まれた、道夫たちと同じマンションに住む新聞社の印刷局員・松村の姿があった。犯人は警察の見張るなか身代金をまんまと手にし、数日後、タカシは遺体となって発見された。事件をきっかけに道夫とあや子の夫婦の距離は確実に離れていく。仕事もやめ、自分を責める日々を送っていた道夫は、ぼんやりとありし日のタカシの運動会のビデオを見ていた時、画面に松村の姿が写っていることに気づき、彼を疑う。高橋刑事に再捜査を依頼するが捜査は一向に進展しない。苛立った道夫は単身松村を追及しようとするが、それを待ち構えていたかのように松村は豹変し、トカレフの銃口を道夫に向け、引き金を引いた。道夫は奇跡的に一命を取り留めるが、警察にはわざと松村のことは語らなかった。1年後、喉元に大きな傷痕を残しながら道夫は回復する。手には偶然手に入れていたトカレフがあった。あや子は彼の元を去っていた。深く静かに復讐へ動き出した道夫は、覆面の男を探し出し、彼の口から松村の居場所を聞き出す。何と彼はあや子と一緒になり、子供までもうけていた。抑え切れない怒りを秘めて、道夫は松村を追う。それに気づいた松村は放火をしかけわざと警察に捕まろうとするが、警察におかまいなく道夫のトカレフは火を吹いた。松村も警官の銃を奪って応戦する。そして遂に道夫は息も絶え絶えながらも、復讐を遂げる。

関連するキネマ旬報の記事

1994年4月下旬号

日本映画紹介:トカレフ

1994年4月上旬春の特別号

日本映画批評:トカレフ

1994年3月上旬号

グラビア 《New Release》(新作映画紹介):トカレフ

特集 トカレフ:座談会 阪本順治×石井聰亙×渡邊孝好

特集 トカレフ:作品評

特集 トカレフ:西山由海インタビュー

1994年2月下旬決算特別号

「トカレフ」撮影現場ルポ: