男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

Helpless

  • へるぷれす
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.7点(87人)

  • 観たひと

    186

  • 観たいひと

    24

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1996
公開年月日 1996/7/27
上映時間 80分
製作会社 WOWOW=バンダイビジュアル作品(制作協力*ビターズ・エンド)
配給 ビターズ・エンド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督青山真治 
脚本青山真治 
プロデューサー仙頭武則 
小林広司 
協力プロデューサー柘植靖司 
撮影田村正毅 
美術磯見俊裕 
音楽青山真治 
山田功 
録音滝沢修 
整音松本能紀 
音響効果今野康之 
照明佐藤譲 
編集掛須秀一 
衣裳佐藤公美 
助監督清末裕之 
古厩智之 
記録佐藤公美 

キャスト

出演浅野忠信 白石健次
辻香緒里 松村ユリ
光石研 松村安男
斉藤陽一郎 秋彦
伊佐山ひろ子 ウェイトレス
諏訪太朗 コック
永澤俊矢 坂梨
りゅう 白石辰造
梅田剛利 雅登警官A
木村良亮 チンピラ
木滝和幸 五郎

解説

孤独感を抱える高校生や仮出所中のチンピラなど、救いようのない連中が突発的に起こす出来事をつづった新感覚の青春ドラマ。監督はOV『教科書にない!』の青山真治で、これが劇場映画デビューとなる。脚本も青山自らが執筆。撮影を「旅するパオジャンフー」の田村正毅が担当している。主演は「FRIED DRAGON FISH」の浅野忠信。本作は“J・MOVIE・WARS3”の中の1本として製作された。16ミリからのブローアップ。

あらすじ

1989年、高校生の健次(浅野忠信)は、仮出所で帰って来た片腕のやくざ・安男(光石研)に再会した。安男の兄貴分の坂梨(永澤俊矢)が、組長が死んでしまって組はつぶれたと話しても、安男は一向に信じようとしないばかりか、坂梨を撃ち殺す。自分だけにつらい思いをさせて出所したら雲隠れか、と怒った安男は、健次に知的障害をもつ妹のユリ(辻香緒里)と、大切なショルダーバッグを預けると組長の消息を追う。ユリを預かった健次は、安男との待ち合わせ場所である山中のドライブインに行くが、偶然会ったクラスメイトの秋彦(斉藤陽一郎)、そしてドライブインの主人とトラブルを起こしてしまう。そんな折り、精神病院に入院していた健次の父親が自殺を図った。それを知った健次は、突発的にドライブインの主人たちを殺害する。健次は警察の検問をくぐってきた安男と落ち会うが、安男がユリを殺そうとしたことに腹を立てる。安男を残し、健次はユリを連れてバイクで街へ向かう。追いつめられた安男は、自らの頭に銃口を当てた。街のレストランのトイレで、健次はショルダーバッグの中身を確かめた。そこには、白い粉と安男のミイラ化した右腕が入っていた。腕には、「HELP ME」と彫られていた。席に戻ってみるとユリの姿がない。健次は急いで追いかけ、ユリとともに道をどこまでも真っすぐに歩いてゆく。

関連するキネマ旬報の記事

2007年9月下旬号

特別企画 「サッド・ヴァケイション」:「Helpless」「EUREKA ユリイカ」「サッド・ヴァケイション」で見る青山真治論

1996年12月下旬号

日本映画紹介:Helpless

1996年8月上旬号

特集 Helpless:作品評

特集 Helpless:青山真治監督 インタビュー

特集 Helpless:浅野忠信 インタビュー

COMING SOON【新作紹介】:Helpless

1996年5月上旬号

試写室:Helpless