男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アタシはジュース

  • あたしはじゅーす
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    61.0点(6人)

  • 観たひと

    11

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1996
公開年月日 1996/7/13
上映時間 91分
製作会社 フジテレビジョン=ポニーキャニオン=東北新社作品(製作協力*エイコークリエイティブ)
配給 東北新社
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督サトウトシキ 
脚本樽谷春緒 
小川智子 
原作延江浩 
企画河村雄太郎 
武政克彦 
製作久板順一朗 
田中迪 
内池望博 
プロデューサー田辺隆史 
南條昭夫 
竹本克明 
撮影小西泰正 
美術丸山裕司 
音楽小島麻由美 
小島麻由美 
録音川田保 
照明白石宏明 
編集松竹利郎 
助監督女池充 
スクリプター田中小鈴 

キャスト

出演秋本奈緒美 一瀬薫
小沢なつき 中川静香
アベティン・モハンマド・シャムスル ムスタファ
鶴見辰吾 一条伸二
山崎一 天童
西尾悦子 美雪
モト冬樹 後藤高志
船場牡丹 後藤妙子
鈴木美穂 すみれ
水木薫 井上千恵
吹越満 店長
田辺誠一 前田
掛田誠 不動産屋
安原麗子 パーティーの女

解説

女性しか愛することのできないひとりの女子大生が、高校時代の初恋の女教師との関係や、バングラディシュ青年との出会いなどを通じて成長していく姿を描いた青春映画。監督はピンク映画のニューウェーブ“ピンク四天王”のひとり、サトウトシキで、「LUNATIC」に続く2本目の一般映画となる。現代新人賞を受賞した延江浩の同名小説を、テレビ出身でこれが映画デビューとなる樽谷春緒と、「「物陰に足拍子」より MIDORI」の小川智子が共同で脚本化した。主演は、ともにこれが映画初主演となる秋本奈緒美と小沢なつき。“フジテレビ□MOVIES”の1本として製作された。R指定。

あらすじ

高校の数学教師だった一瀬薫は、今はハッピネス・クリエイティブという人材派遣会社を経営しているが、人材派遣とは仮の姿で、実態は男と女のもめごとを解決する裏社会の代行屋であった。スタッフのひとり、中川静香は薫の元教え子で、今ふたりは同居生活を送っている。2年前、まだ高校生だった静香は薫に対して憧れ以上の感情を抱き、その気持ちを薫に打ち明けた。はじめは戸惑っていた薫も、次第に静香の想いを受け入れたのだった。ある日、薫のオフィスを昔なじみの一条が訪れた。極東興業のドン・天童と新しい事業を始める一条は、前から好意を持っていた薫にプロポーズするが、すげなく断られる。あきらめきれない一条は、薫の恋人が静香であることを知ると、密かに静香に近づいて、天童から回ってくる危険な仕事を依頼した。静香は薫に内緒でその仕事に加わるが、あるトラブルに巻き込まれて、逆恨みした男からナイフで刺されてしまう。誰もいない路地裏に倒れ込んだ静香は、たまたま通りかかったバングラディシュ青年・ムスタファに助けられ、一命を取りとめた。回復した静香はムスタファのもとを訪ね、祖国のことや将来の夢などを語り合ううち、女性しか愛することのできなかった静香も、彼の純粋さに惹かれていく。ムスタファもまた静香を愛し始めており、ふたりは新しい生活を始めようとしていたが、不法滞在のムスタファが突然、バングラディシュへ送還されてしまった。薫は、ひとり残された静香に自分の元へ戻ってくるよう伝えるが、静香は薫とのことにも気持ちの区切りをつけ、その誘いを断った。

関連するキネマ旬報の記事

1996年11月下旬号

劇場公開映画批評:アタシはジュース

1996年7月上旬夏の特別号

特集 フジテレビ(禁)MOVIES 「MIDORI」「アタシはジュース」「ありがとう」:廣木隆一インタビュー

特集 フジテレビ(禁)MOVIES 「MIDORI」「アタシはジュース」「ありがとう」:サトウトシキ インタビュー

特集 フジテレビ(禁)MOVIES 「MIDORI」「アタシはジュース」「ありがとう」:小田切正明インタビュー

特集 フジテレビ(禁)MOVIES 「MIDORI」「アタシはジュース」「ありがとう」:作品評

COMING SOON【新作紹介】:アタシはジュース

1996年4月下旬号

HOT SHOTS:「アタシはジュース」