男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮

  • えいがどらえもんのびたとぶりきのらびりんす
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    73.2点(162人)

  • 観たひと

    333

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル アニメーション / ファミリー
製作国 日本
製作年 1993
公開年月日 1993/3/6
上映時間 100分
製作会社 シンエイ動画=小学館=テレビ朝日作品(製作協力/藤子プロ=ASATSU)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督芝山努 
監修楠部大吉郎 
脚本藤子・F・不二雄 
原作藤子・F・不二雄 
製作総指揮藤子・F・不二雄 
プロデューサー別紙壮一 
山田俊秀 
小泉美明 
キャラクター・デザイン富永貞義 
作画監督富永貞義 
撮影高橋秀子 
刑部徹 
美術デザイン川本征平 
美術森元茂 
美術設定沼井信朗 
音楽菊池俊輔 
主題歌島崎和歌子:(「何かいい事きっとある」)
録音監督浦上靖夫 
整音大城久典 
効果柏原満 
編集井上和夫 
佐多忠仁 
整音助手内山敬章 

キャスト

出演(声)大山のぶ代 ドラえもん
小原乃梨子 のび太
たてかべ和也 ジャイアン
肝付兼太 スネ夫
野村道子 しずか
皆口裕子 サピオ
大木民夫 ブリキン
鈴木みえ タップ
森山周一郎 ナポギストラ

解説

ブリキで出来ているブキリン島を舞台にのび太やドラえもんたちの活躍を描くアニメ。藤子・F・不二雄原作の同名漫画の映画化第十三作で、藤子・F自身が脚色、「ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌」の芝山努が監督。

あらすじ

のび太のパパのところに不思議なトランクが届いた。開けると門が現れ、その先は一年中海水浴やスキーが楽しめ、ブリキのおもちゃだけが住むブリキン島。のび太とドラえもんはその島のブリキンホテルで大歓迎された。スキーで遊ぶうちにドラえもんとはぐれたのび太は、いったん戻ってからジャイアン、スネ夫、しずか達とホテルへ行くが、突然ブリキの飛行機の大群による爆撃を受けてしまう。ドラえもんは彼らに捕まっていた。びっくりするのび太達の前にサピオという少年が現れ、実はブリキン島はチャモチャ星人の宇宙船であることを告げる。島の地下の大迷宮には、ロボットから人間を救えるフロッピーが隠されていたのだった。フロッピーを狙うロボット皇帝ナポギストラーの軍隊からドラえもんを助けたのび太たちはサピオに協力して大迷宮に隠されていいるフロッピーを使ってチャモチャ星人達を救うのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年4月下旬号

日本映画批評:ドラえもん のび太とブリキの迷宮

日本映画紹介:ドラえもん のび太とブリキの迷宮

1993年3月上旬号

グラビア《New Release》:ドラえもん のび太とブリキの迷宮