男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

落陽(1992)

  • らくよう
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    33.0点(16人)

  • 観たひと

    28

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ / 戦争
製作国 日本
製作年 1992
公開年月日 1992/9/15
上映時間 150分
製作会社 にっかつ撮影所(提携「落陽」映像文化機構)
配給 にっかつ=東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督伴野朗 
総監修藤浦敦 
脚本藤浦敦 
根本哲史 
原作伴野朗 
製作総指揮根本悌二 
製作若松正雄 
総合プロデューサー藤浦敦 
撮影山崎善弘 
美術渡辺平八郎 
音楽モーリス・ジャール 
主題歌エラ・フィッツジェラルド 
録音酒匂芳郎 
照明加藤松作 
編集井上治 
助監督工藤雅典 
スチール西本敦夫 

キャスト

出演加藤雅也 賀屋達馬
ダイアン・レイン 張蓮紅
ユン・ピョウ 杜月笙
ドナルド・サザーランド ジョン・ウィリアムス
中村梅之助 劉宗仁
中村梅雀 間宮精一郎
星野知子 山見三枝子
松浦豊和 
嵐圭史 石原完爾
小牧ユカ 劉小英
室田日出男 山見剛
金田龍之介 唐紹儀
にしきのあきら 土門正吾
芦田伸介 満鉄総裁
島田正吾 曽三山(老三爺)
田村高廣 山城太助

解説

満州事変直前から終戦までの中国大陸を舞台とした歴史をひとりの男の生き様を中心に描く壮大なドラマ。にっかつ80周年記念作品。伴野朗の原作を彼自身が監督。脚本は藤浦敦と根本哲史、撮影は「あげまん」の山崎善弘が担当。

あらすじ

元関東軍大尉の賀屋達馬は、五族協和の王道楽土を築く野望に燃える石原完爾中佐に呼ばれ、3年ぶりに満州の土を踏んだ。賀屋が受けた命令は、関東軍の戦費を極秘裡に調達すること。さっそく彼は満州一帯に銀行や工場を持つ大財閥・劉宗仁に目をつけ、大陸浪人の土門正吾とともに奉天第一銀行が発行する1億元の現大洋票を奪取。時あたかも満州事変が勃発し、賀屋はつづいて満州国建設の工作資金捻出に急ぐ。だがその時部下の裏切りにあい、危うく金と命を奪われそうになるが、そこへ現れた馬賊の一団が彼の窮地を救った。しかも驚いたことに、馬賊の女頭目はかつて賀屋と愛を誓いあった中国人の歌姫・張蓮紅であった。再び愛しあう2人だったが、今や関東軍の「影の銀行」とまで呼ばれるようになった賀屋は満州全土に拡大した戦線のため、ますます巨額の資金が必要となり、遂に阿片を扱うことになる。腹心の部下・土門に裏切られ彼を処刑せざるを得なくなり、また理想と現実との狭間で苦悶する日々を送る賀屋は蓮紅とともに上海へ移り、軍関係の阿片を一手に扱う山見剛とともに国民党の長老・唐紹儀と取り引きする。だがそのことが上海の秘密結社・青幇(チンパン)の首領・杜月笙の知るところとなり、テロリストによって唐紹儀は殺害された。さらに賀屋の阿片を奪取せんとする抗日組織の動きも激しくなるが、賀屋と山見は彼らを罠にかけることに成功。組織のリーダーはかねてから顔を見知っている青年・竜だった。自分とは違い命がけで祖国解放のために闘っている竜の姿にうたれ、賀屋は彼を逃がす。昭和16年、遂に日本は米国に宣戦布告、太平洋戦争が始まる。最強を誇った関東軍も各地で苦戦を強いられ、賀屋は起死回生の最後の望みをかけ、かつてない大規模な阿片の取り引きを行うため再び満州に戻った。そして極寒の地ハルピンで、杜月笙の青幇や、抗日組織との壮絶な闘いが展開される。阿片倉庫全体を火が包むなか、賀屋は杜月笙と一対一の闘いを行い、かろうじて倒す。だが戦局は昭和20年、突如ソ連軍が国境を侵攻してきたことにより、日本の無条件降伏で幕を閉じた。賀屋は知り合いの間宮一家の引き揚げを助ける途中、ソ連軍の検問所で妨害にあうが、今は八路軍の将校になった竜に救われる。こうして戦争は終わった。蓮紅は今度こそ平和に2人で暮らせると喜ぶが、賀屋は彼女に別れを告げ、激しい戦いの日々を胸に抱きながら、曠野の先、落陽の果てへ向かってどこまでも歩き続けるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1992年11月上旬号

日本映画紹介:落陽

1992年10月下旬号

日本映画批評:落陽

1992年9月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):落陽

1992年9月上旬号

巻頭企画 にっかつ創立80周年記念特集:落陽 加藤雅也 インタビュー

巻頭企画 にっかつ創立80周年記念特集:落陽 作品論