男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

トパーズ(1992)

  • とぱーず
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    56.4点(22人)

  • 観たひと

    33

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル エロス
製作国 日本
製作年 1992
公開年月日 1992/1/6
上映時間 110分
製作会社 JVD=シネマンブレイン=村上龍事務所提携
配給 メルサット
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督村上龍 
脚本村上龍 
原作村上龍 
製作総指揮多賀英典 
プロデューサー鈴木愛孝 
平尾忠信 
永田陽介 
撮影青木正 
長井和久 
テーマ曲坂本龍一 
録音臼井勝 
照明青木正 
長井和久 
編集片嶋一貴 
音楽選曲村上龍 
助監督片嶋一貴 

キャスト

出演二階堂ミホ アイ
天野小夜子 サキ
加納典明 イシオカ
島田雅彦 スズキ
草間彌生 占い師
瀬間千恵 オペラ女
三上寛 レストランの男

解説

快楽の極限に満ちたSMクラブで客たちの焦燥や孤独の間をさまようヒロインの姿を描いた官能ロマン。原作・脚本・監督は「ラッフルズホテル」の村上龍。撮影は青木正と長井和久が共同でそれぞれ担当。

あらすじ

高級SMクラブに勤めるアイは、シティホテルで様々な客を相手にするコールガール。目的や意志が感じられない生活の中で、アイは占い師から「桃色の指輪があなたを幸福にする」と言われる。数日後、宝石店で見つけたトパーズの光に魅せられるアイ。快楽の極限に迫る客達にアイの心は次第によどんでいくかのようだった。そんな時出会った高級娼婦サキは、アイにやさしかった。麻薬に浸りながらもサキは自分の追い求める思想をアイに託すかのようだった。そして、今はもう遠い存在の恋人に会いにいく決心をするアイは、サキにもらった勇気の出る薬を飲む。やがて住宅街の静かな公園にたどりつく彼女に様々な幻想がめぐる。アイは何か新しい力を手に入れたかのように、自らの過去に手を振るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2014年2月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「TOKYO DECADENCE/TOPAZ トパーズ 35ミリニュープリント版」

1993年11月下旬号

ビデオ:トピック

1992年3月下旬号

日本映画紹介:トパーズ

1992年1月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):トパーズ