男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌

  • ちびまるこちゃんわたしのすきなうた
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    70.4点(61人)

  • 観たひと

    99

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル アニメーション / ファミリー / コメディ
製作国 日本
製作年 1992
公開年月日 1992/12/19
上映時間 92分
製作会社 さくらプロダクション=フジテレビジョン(製作協力亜細亜堂)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督須田裕美子 
芝山努 
脚本さくらももこ 
原作さくらももこ 
企画宮永正隆 
プロデューサー岡村雅裕 
清水賢治 
アニメキャラクター・デザイン河内日出夫 
作画監督生野裕子 
柳田義明 
藤森雅也 
撮影伊藤修一 
美術野村可南子 
音楽千住明 
川原伸司 
録音本田保則 
編集布施由美子 

キャスト

出演(声)TARAKO 〔声〕ちびまる子ちゃん
水谷優子 〔声〕お姉ちゃん
鈴木みえ 〔声〕お母さん
屋良有作 〔声〕お父さん
富山敬 〔声〕おじいちゃん
佐々木優子 〔声〕おばあちゃん
高橋由美子 〔声〕お姉さん
キートン山田 〔声〕ナレーション

解説

さくらももこ原作の同名の人気漫画の2度目の映画化。絵かきを目指すお姉さんと出会ったまる子が人生の機微に触れて行く様を、多様な音楽とキッチュな幾何学模様にのせて描く。監督は1作目も担当した須田裕美子と芝山努、脚本はさくらももこ、撮影は伊藤修一が担当。

あらすじ

学校で「めんこい仔馬」という歌を習ったまる子ことさくらももこは、それを図工の時間の絵のテーマにするがどのように描いたらいいか分からなかった。ある日、静岡の祖母の家近くで似顔絵描きのお姉さんに出会い、「めんこい仔馬」は、実は戦争で馬と少年が別れなければならない悲しい歌なのだと3番の歌詞まで教えてもらう。まる子は少年の気持ち、いつまでも忘れないよという心を描く。絵が賞をとった事をお姉さんに知らせようと訪ねると、お姉さんにその歌詞を教えたボーイフレンドが、田舎に帰って牧場をするので一緒に来て欲しいとプロポーズしていた。絵を描きたいから行けないと断るお姉さんに絵はどこでも描けると諭すおませなまる子。そして結婚式の日、そっと学校を抜け出し、絶対忘れないからねと叫ぶのだった。しばらくしてお姉さんの絵が掲載された本が届く。それはまる子が、にわとり小屋の掃除と引き換えに手に入れたばかりの宝物の本と同じものだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年2月上旬号

日本映画紹介:ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌

1992年12月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌