男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

命美わし

  • いのちうるわし
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    61.9点(22人)

  • 観たひと

    39

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1951
公開年月日 1951/12/7
上映時間 79分
製作会社 松竹大船
配給 松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督大庭秀雄 
脚色柳井隆雄 
原作八木隆一郎 
製作小出孝 
撮影長岡博之 
美術浜田辰雄 
音楽吉澤博 

キャスト

出演笠智衆 伊村早吉
杉村春子 妻みね
三國連太郎 長男寛一
佐田啓二 次男修二
小園蓉子 長女民子
坂本武 高山
小沢栄 快雲
淡島千景 あさ子
宮口精二 大島
桂木洋子 娘房江
北龍二 梅澤
土紀就一 息子忠清
磯野秋雄 本田
桜むつ子 妻富枝
小林十九二 山村編集長

解説

製作は「純白の夜」の小出孝、八木隆一郎の原作より「あわれ人妻」の柳井隆雄が脚色し、「純白の夜」の大庭秀雄が監督に当っている。撮影は「夢多き頃」の長岡博之である。出演者は、「海の花火」の笠智衆、三国連太郎、杉村春子、桂木洋子、佐田啓二、「夢多き頃」の淡島千景の他に、小沢栄、坂本武、桜むつ子など。

あらすじ

伊村早吉の家は、自殺者の多い城の内濠の傍にあったので、彼の手で自殺直前を救われた者も多かった。ある晩、早吉は又しても一人の娘を救った。市会議長梅澤の息子に妊娠の身を捨てられた房江だった。同じ夜、また一人の女性が早吉の長男寛一に救われた。一人きりの愛児を失って自暴自棄になったあさ子だった。寛一は新聞記者だったので、房江の事件を知ってこれを新聞紙上にあばいた。次男修二は房江を愛していたので房江をさらし者にしたと怒って彼女を伴って家出してしまった。梅澤はそれを種に房江の相手は修二であるといいふらしたので、寛一は苦境に立ってしまった。やけ酒をあふりに居酒屋へはいって行くとそこに救ってやったあさ子が身を落としているのに出会った。寛一は命を粗末に扱うとあさ子を面罵するが、この時梅澤の一派になぐり倒された。房江の父大島は、梅澤に売収されていたが、この有様を見て憤然告訴することにした。あさ子も寛一の真情に、看護婦となって甦生することになった。山寺の伯父快雲和尚の許に身をよせていた修二と房江も、寛一とあさ子もやがて結ばれることになるだろう。

関連するキネマ旬報の記事

1952年1月下旬号

日本映画批評:命美わし

1951年11月上旬号

日本映画紹介:命美わし