男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

クロスボー作戦

  • くろすぼーさくせん
  • Operation Crossbow
  • ----

amazon


  • 平均評点

    54.6点(14人)

  • 観たひと

    20

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル 戦争 / アクション
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965/7/30
上映時間 0分
製作会社 カルロ・ポンティ・プロ映画
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

実録にもとずいてリチャード・イムリー、デリー・クイン、「丘」のレイ・リグビーがシナリオを執筆、「あしやからの飛行」のマイケル・アンダーソンが監督した戦争アクション。撮影は「サミー南へ行く」のアーウィン・ヒリアー、音楽は「633爆撃隊」のロン・グッドウィンが担当した。出演は「あゝ結婚」のソフィア・ローレン、「大いなる野望」のジョージ・ペパード、「ドーバーの青い花」のジョン・ミルズ、「たたり」のリチャード・ジョンソン、「長距離ランナーの孤独」のトム・コートネイ、ほかにリリー・パルマー、ポール・ヘンリードなど。製作はカルロ・ポンティ。

あらすじ

1943年初め。ロンドンの連合軍情報部に、ドイツが新しい秘密兵器開発中との情報が入った。英首相チャーチルは早速その調査を軍需大臣代理のサンディス( リチャード・ジョンソン)に命じ、この仕事を「クロスボー作戦」と名づけた。写真解明係などの協力で秘密兵器の存在を確認、連合軍は極秘調査に踏みきった。この特別任務に米陸軍中尉カーティス(ジョージ・ペパード)、オランダ海軍兵曹ヘンシャウ(トム・コートネイ)、英ロケット科学者ブラドリー(ジェレミー・ケンプ)の3人が選ばれた。彼らは死亡または行方不明者の身代わりとなって潜行した。ヘンシャウは警察に追求されていた男に化けたため殺人犯として、銃殺された。カーティスも彼が身代わりになっている男の妻ノラ(ソフィア・ローレン)の来訪をうけ、面倒なことになったがノラもこの作戦の犠牲にされた。カーティスとブラドリーは地下30メートルに造られたロケット工場に入り込んだ。そして、ニューヨークをも攻撃可能の最新兵器V10号ロケットが完成、攻撃準備が進められていることを知った。すぐその開始日をロンドンのサンディスに急報し同工場爆撃をせきたてた。その日、2人は地下工場を連合軍の爆撃にさらすため、発電所を襲った。その目標に連合軍は猛烈な爆撃を加えた。2人も運命をともにしたのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1965年10月上旬秋の特別号

外国映画批評:クロスボー作戦

1965年7月下旬号

新作グラビア:クロスボー作戦

旬報試写室:クロスボー作戦

外国映画紹介:クロスボー作戦