男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夜の女たち

  • よるのおんなたち
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    72.2点(58人)

  • 観たひと

    97

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1948
公開年月日 1948/5/28
上映時間 74分
製作会社 松竹・京都
配給 松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督溝口健二 
脚色依田義賢 
原作久板栄二郎 
企画絲屋寿雄 
撮影杉山公平 
美術水谷浩 
音楽大沢寿人 
録音高橋太朗 
照明田中憲次 

キャスト

出演田中絹代 大和田和子
高杉早苗 君島夏子
角田富江 大和田久美子
宮本民平 大和田康二
藤井貢 栗山謙造
永田光男 平田修一
槙芙佐子 婦人記者
林喜美枝 闇の女

解説

「情炎(1947)」「女優(1947)」の原作者久板栄二郎の『女性祭』(日本小説所載)を依田義賢が脚色し「女優須磨子の恋」につぐ溝口健二の監督で、カメラは杉山公平。主演は「女優須磨子の恋」「不死鳥」の田中絹代、銀幕を引退していた高杉早苗が数年振りで特別出演する外、東童の角田富江の映画初出演、それに宮本民平、槙芙佐子らが助演する。

あらすじ

敗戦後の大阪の街は、未帰還の夫を待つ大和田和子に冷たかった。今日も、幼児結核のわが子浩に牛乳を飲ませるため着物を売りに行くと、店のおかみは「金が欲しいおまんのやったら……」とめかけをすすめるのだ。看護のかいもなく浩は死んだ。折も折、夫の戦死が戦友平田によって伝えられた。和子は平田の社長栗山の秘書となり、大和田家を出てアパートに住んだ。和子の実妹君島夏子は北朝鮮から引揚げてダンサーをしながら姉を探していたが、偶然心斎橋で出会い姉妹は手を取り合って喜んだ。夏子は姉のアパートに身を寄せた。ところが栗山という男は阿片の密輸入業者で、色魔だった。身をまかせてた女は弱い。和子は栗山のいいなりになっていたが、ある日、夏子と栗山のみだらな姿を見て憤怒の末はヤミの女になって男に復しゅうすることを決心し、今では姉御にまでなっていた。夏子は出奔した姉を探しに夜の心斎橋筋をさまよい歩いている内、ヤミの女の検索に引掛り病院に送られた。「私はそんな女ではない」と叫ぶ彼女に「うるさいね」と怒鳴った女がある。それは和子だった。診断の結果夏子は栗山から性病を移されお腹には彼の子を宿していることが判った。和子は妹を労わり、栗山には見向きもせず婦人ホームに連れて行き安息の日を与えた。人生の苦悩を考えながら夜の街に帰って来た和子は、仲間のヤミの女にいじめられている娘の顔を見て思わず泣き出した。娘は貧乏をきらって家を飛び出した義妹の久美子だった。--世相はきびしく辛いのだ--和子はうるんだひとみで街のネオンを見上げた。

関連するキネマ旬報の記事

1955年1月下旬号

新作グラフィック:夜の女たち