男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト

  • えいがどらえもんのびたのどらびあんないと
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.6点(152人)

  • 観たひと

    313

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル アニメーション / ファミリー
製作国 日本
製作年 1991
公開年月日 1991/3/9
上映時間 100分
製作会社 シンエイ動画=小学館=テレビ朝日
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督芝山努 
監修楠部大吉郎 
脚本藤子・F・不二雄 
原作藤子・F・不二雄 
製作総指揮藤子・F・不二雄 
プロデューサー別紙壮一 
山田俊秀 
小泉美明 
作画監督富永貞義 
撮影監督斉藤秋男 
特殊撮影渡辺由利夫 
美術監督沼井信朗 
音楽菊池俊輔 
録音監督浦上靖夫 
整音大城久典 
音響効果柏原満 
編集井上和夫 
渡瀬祐子 
整音助手内山敬章 

キャスト

出演大山のぶ代 ドラえもん
小原乃梨子 のび太
野村道子 しずか
たてかべ和也 ジャイアン
肝付兼太 スネ夫
出演(声)阪脩 船乗りシンドバッド
松島みのり ミクジン
加藤精三 アブジル
加藤治 カシム
鈴木みえ ランプの精
筈見純 ハールーン・アル・ラシード王
郷里大輔 魔人
橋本晃一 商人

解説

アラビアンナイトの世界で冒険を繰り広げるドラえもんやのび太たちの活躍を描くアニメ。藤子・F・不二雄原作の同名漫画の映画化第12作で、脚本も藤子・F自身が執筆。監督は「ちびまる子ちゃん」の芝山努。作画監督は富永貞義がそれぞれ担当。

あらすじ

ある日、絵本の世界を体験できる『絵本はいりこみぐつ』でいろいろな童話や物語を楽しんでいたのび太たち。ところが絵本の話なんか全部知っていると、ジャイアンとスネ夫は、たくさんの絵本をバラバラにしてその順番を目茶苦茶にしてしまう。怒って帰ろうとしたしずかは、帰る途中空飛ぶじゅうたんとぶつかり、片方のくつをなくしてしまう。翌日、くつが足りないことに気づいたドラえもんは大慌て。片一方だけだと絵本から出られないのだ。さらに絵本はのび太のママに燃やされされてしまうのだった。絵本の中に閉じ込められたしずかを助け出すため、『シンドバットの冒険』の物語を手掛かりに、タイムマシンでアラビアンナイトの世界へと向かい、その魔法と不思議がいっぱいの世界で様々な冒険を繰り広げるドラえもんたちは、しずかを助け出し、無事もとの世界に戻るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1991年5月上旬号

日本映画批評:ドラえもん のび太のドラビアンナイト

1991年4月上旬号

日本映画紹介:ドラえもん のび太のドラビアンナイト