男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

クルージング

  • くるーじんぐ
  • Cruising
  • Cruising

amazon


  • 平均評点

    64.4点(36人)

  • 観たひと

    82

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1981/1/24
上映時間 102分
製作会社 ロリマー/ワイントローブ・プロ作品
配給 東映洋画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ハード・ゲイがたむろする特殊な町として知られるニューヨークのクリストファー・ストリートの風俗描写を中心にそこで起きたホモ・セクシュアル連続殺人事件を調査する1人の警官の努力と彼の肉体的、精神的変化を描く犯罪映画。製作はジェリー・ワイントローブ、監督・脚本は「ブリンクス」のウィリアム・フリードキン、原作はジェラルド・ウォーカー、撮影はジェームズ・A・コントナー、音楽はジャック・ニッチェ、編集はバッド・スミス、美術はエドワード・ピッソーニ、製作デザインはブルース・ワイントローブ、衣裳はロバート・デモーラが各々担当。出演はアル・パチーノ、ポール・ソルビノ、カレン・アレン、リチャード・コックス、ドン・スカーディノ、ジョー・スピネルなど。

あらすじ

マンハッタンのハドソン河口、タイムズ・スクエアの安ホテル、セントラル・パークとそれぞれの場所から同じような手口で殺された男の死体が続いて発見された。それらの犯行は、どうやらホモ・セクシュアルがたむろする場所で行なわれたらしく、警察の調査も、そのすじを追って進められていた。警察の捜査本部長イーデルソン(ポール・ソルビノ)は、警官学校を卒業してきた若い警官スチーブ・バーンズ(アル・パチーノ)を抜擢し、事件解決の際には2階級特進を約束し、彼を現場付近に送り込んだ。ゲイになりすましゲイたちがたむろするクリストファー・ストリートに潜入したスチーブは、イーデルソン部長と連絡をとりながら調査を進めていくが、そのことは、恋人のナンシー(カレン・アレン)にも内緒だった。スチーブはジョン・フォーブスと名を変え、グリニッチ・ビレッジのアパートに引越した。そして、隣に住む売れないホモの劇作家テッド(ドン・スカーディノ)とも親しくなった。調査を進めるうちに捜査線上に、スチュアート(リチャード・コックス)という男が浮んだ。彼は、刺殺死体で発見されたコロムビア大学の教授の講義を受けたことがあり、犯人が犯行に使ったナイフの出所であるステーキ・ハウスに雇われたことがあったのだ。スチュアートの部屋に忍び込み彼が犯人であることを確信したスチーブはある夜、彼をおびき出すことに成功。2人は夜の公園を歩くがその時、突然スチュアートがスチーブを襲った。巧みにかわしたスチーブは逆にスチュアートを刺した。重傷を負って入院したスチュアートは犯行を否認したが、指紋は犯人のものと一致した。事件は解決し捜査は解除された。しかし、恋人の元へ戻ったスチーブは、鏡の中の自分の顔を見つめ自分の中で何かが変わっているのを感じた。そしてグリニッチ・ビレッジのアパートでは、再びホモの男が死体となって発見されたー。

関連するキネマ旬報の記事

1981年3月上旬号

外国映画批評:クルージング

外国映画紹介:クルージング

1980年12月下旬号 戦後復刊800号記念特別号

グラビア:クルージング

「クルージング」特集:1 今、クリストファー・ストリートに若者の熱い視線が…

「クルージング」特集:2 陰と陽のコントラストを表わすあらゆる音

「クルージング」特集:3 男の世界を描き続けるフリードキン

「クルージング」特集:4 プロダクション・ノート

分析採録:クルージング