男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

クラブ・ラインストーン 今夜は最高!

  • くらぶらいんすとーんこんやはさいこう
  • Rhinestone
  • ----


  • 平均評点

    47.6点(11人)

  • 観たひと

    19

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1984
公開年月日 1986/4/19
上映時間 0分
製作会社 ハワード・スミス・プロ作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

カントリーのスター歌手がずぶの素人を一人前の歌手に育てあげるという音楽映画。製作はハワード・スミスとマーヴィン・ワース。エグゼクティヴ・プロデューサーはサンディ・ガリンとレイモンド・カッツ。監督は「ポーキーズ」シリーズのボブ・クラーク。75年にラリー・ワイスの書いたヒット曲「ラインストーン・カウボーイ」にヒントを得て、フィル・アルデン・ロビンソンがストーリーを書き、彼とシルヴェスター・スタローンが脚本を執筆した。撮影はティモシー・ギャルファス、音楽はドリー・パートン、編曲・指揮はパートンのレコードのブロデューサーをしているマイク・ポストが担当。出演はスタローン、パートンの他にロン・リーブマン、リチャード・ファーンズワースなど。ドルビー・ステレオ。

あらすじ

ジェイク(ドリー・パートン)はニューヨークのナイトクラブラインストーンの花形スターだった。オーナーのフレディ(ロン・リーブマン)は超ボインのジェイクに言い寄っていた。ジェイクはフリーになりたかったが、フレディは、「2週間でジェイクの代りができる歌手をスカウトするか、素人をスターに育てあげること。もし彼女が負けれぱ、さらに5年間ラインストーンで歌いフレディとメイクラヴすること。勝てばフリーになれる」という賭けを申し出た。彼女のボインに見とれて事故をおこした夕クシー運転手ニック(シルヴェスター・スタローン)を選んで、歌声をテストした。これがひどい音痴。今となっては後にひけず、ジェイクは故郷のテネシーにニックをつれて特訓することにした。ジェイクの父親ノア(リチャード・ファンズワース)は心やさしい西部気質の男で、ニックを大歓迎した。ジェイクのかつての婚約者バーネット(ティム・トマーソン)は、嫉妬してインネンをつけたりする。ジェイクの特訓で、ニックはみちがえるほどうまくなった。ニューヨークに戻ったジェイクは、ニックが浮き足だっているので注意し、ついに喧嘩になる。ラインストーンでの出番がせまったが、ニックはジェイクがいないと落着いて舞台に立てなかった。彼女がフレディのところにいることを知り、馬で駆けつけて彼女を救出する。ラインストーンでニックは歌うが、客はブーイングで迎えた。しかし、客の関心をひきつけることに成功したニックは改めて歌って拍手をもらう。ジェイクもとび出し、デュエットで歌い始めて、大ウケする。ジェイクとニックは熱いキスをかわした。

関連するキネマ旬報の記事

1986年8月上旬号

外国映画批評:クラブ ラインストーン 今夜は最高!

1986年7月下旬号

外国映画紹介:クラブ ラインストーン 今夜は最高!