男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

クーガー荒野に帰る

  • くーがーこうやにかえる
  • Charlie, The Lonesome Cougar
  • ----


  • 平均評点

    61.2点(6人)

  • 観たひと

    15

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル 冒険 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1968/12
上映時間 75分
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロ
配給 ウォルト・ディズニー
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ウォルト・ディズニーが製作した、大自然の冒険ドラマ・シリーズ。撮影は「三匹荒野を行く」のロイド・ビーブ、ウィリアム・W・ベーコン3世、チャールズ・ドレーパー、音楽はフランクリン・マークスが担当した。なお、共同製作に、長い間、大自然を主題にした映画を手がけてきたウィンストン・ヒブラーが当っている。日本語解説版。

あらすじ

太平洋岸北西部に連なるカスケード山脈の荒々しい森林地帯で、木材の伐採作業が始まった。木材会社に勤めるジェスは巡回中、母親にはぐれて、お腹を空かしているクーガーの子を拾った。彼は、娘のクーガーをチャーリーと名づけて可愛がり、大切に育てていった。やがて雪どけの春になり、川の水が増え始めた頃、チャーリーのちょっとした失敗から、多数の人々に迷惑がかかるという事件が続発した。チャーリーは、もうすっかり成長していたのだ。工場主などは、チャーリーの存在を危険視し、檻の中に閉じ込めるよう命じた。ある夜チャーリーは、メスのクーガーの鳴き声を聞き、本能の命ずるままに檻を破り、メスとともに散歩に出かけた。しかし、野性でない悲しさ、獲物を取るすべも知らず、空腹をかかえて、さまようばかり。人間のいる所に行けば食物があることを知っていたので、近くの農家に行った。だが、食物にありつけるどころか、たちまち猟銃で狙われる始末だった。再び春になる頃、チャーリーも少しは自然の生活に慣れた。そしてある日、猟犬の群れに追われ、逃げまわっているうちに、かつての木材会社に来てしまった。この頃には、もうすっかり野獣に戻ってしまったチャーリーを見て、木材会社の人々は恐怖を感じるばかり。狂気のように吠ええ、暴れまわるチャーリー。やっとのことで静めたジェスはチャーリーをつれて禁猟区へ向かった。チャーリーは野性の血が完全によみがえったのだ。荒野に帰るチャーリーは、やがて荒野の王者になることだろう。

関連するキネマ旬報の記事

1968年2月下旬号

外国映画紹介:クーガー荒野に帰る

1968年2月上旬決算特別号

新作グラビア:クーガー荒野に帰る