男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

負ケラレマセン勝ツマデハ

  • まけられませんかつまでは
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    69.3点(12人)

  • 観たひと

    25

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1958
公開年月日 1958/1/9
上映時間 106分
製作会社 東京映画
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督豊田四郎 
脚色八住利雄 
原作坂口安吾 
製作佐藤一郎 
撮影安本淳 
美術河東安英 
音楽芥川也寸志 
録音西尾昇 
照明高島利雄 
編集岩下廣一 
製作主任大久保欣四郎 
監督補中村積 
助監督鈴木荘蔵 
スチール橋山愈 

キャスト

出演森繁久彌 岡見久吉(自動車内張屋)
望月優子 はつ枝(岡見久吉の妻)
三遊亭小金馬 康夫(岡見久吉の息子)
野添ひとみ 絹子(岡見久吉の娘)
淡島千景 友川お仙(鮨仙の女主人はつ枝の妹)
伴淳三郎 山本直助(古綿打直し屋)
乙羽信子 お玉(山本直助の妻はつ枝お仙の妹)
柏木純一 伸一(山本直助の子小学六年生)
小林桂樹 松井圭吉(税吏)
有島一郎 丸子太平(印形店主)
内海突破 係長・谷山
小桜京子 小女・お花
山遊亭金時 小僧・仁吉
一竜斎貞鳳 ブローカー・秋山
馬野都留子 町の人A
一万慈鶴恵 町の人B
左卜全 外山(金貸し元閣下)
中村是好 受付の老人
千葉信男 若い係
横山エンタツ 主任
芦田伸介 課長
沢村いき雄 部長
藤村有弘 総務課長堀部
瀬良明 税務署員A
須永康夫 税務署員B
江戸家猫八 予想屋
田中章三 そば屋

解説

坂口安吾の原作を「太夫さんより 女体は哀しく」の八住利雄が脚色し、「夕凪」の豊田四郎が監督した諷刺喜劇。撮影は「夕凪」の安本淳が担当した。主演は「猫と庄造と二人のをんな」の森繁久彌、伴淳三郎、淡島千景、「続サラリーマン出世太閤記」の小林桂樹。ほかに、望月優子、野添ひとみ、乙羽信子、有島一郎、左卜全などが出演する。

あらすじ

東京の新開地にある「幌・内張株式会社」は自動車・オート三輪の幌を取替える店。この会社、小企業のサンプルみたいな小規模な組織で、使用人は小僧一人だが、重役諸公一家総出の働きで目下労働力に不足はない。ここの久吉社長の最大の悩みは“税金”である。昨年、久吉が病気でこの会社が全くの赤字であったにもかかわらず、不当な税金を容赦なく押しつけられたというので大憤慨。ヘソ曲りと自他共に許す久吉は、断固これをハネつけた。ところが久吉が憂さばらしに競輪場に出かけている留守に、税務署の役人が乗りこみ、商売道具をはじめ家具一切にペッタリと差押えの札を貼りつけてしまった。久吉の妻君はつ枝は、寿司屋をしている妹のお仙に、税吏の松井が気があるのに目をつけ、お仙をそそのかし色仕掛で税法のウラを嗅ぎ出させようと企んだ。しかし騙されたと知った松井が、怒りに慄えながら税吏の苦しさを語るのを見て、お仙はかえって彼に何か惹かれるものを感じるようだった。さて税吏来訪当日。久吉はあらかじめ用意していたノートを開きながら喋りまくるが、課長の堀部や松井のもの慣れた調子に圧倒されがちである。久吉の云い方は、昨年度会社は赤字だから税金を払う必要はない、というのだ。税務署側は、それなら異議申立てを税法通り申告しろという。この闘税問答は未解決のまま終り、遂に差押えのトラックがやって来るという事態にたち至った。だがその中に松井の姿は見えない。夜間大学生だった彼は税務署を止め、結婚するという。今度はお仙の方がホれこんでしまったらしい。荷物がすっかり運び去られた久吉の店は、さすがに寂しい。しかし、久吉も差押えによって納税の義務は果したわけである。苦しくとも彼は、再び明日から家族重役社員を率いて敢然と働くことであろう。

関連するキネマ旬報の記事

1958年3月上旬号

日本映画批評:負ケラレマセン勝ツマデハ

1958年1月下旬号

特集研究 新春・邦画の問題作:負ケラレマセン勝ツマデハ

1958年1月上旬新春特別号

新作グラビア:負ケラレマセン勝ツマデハ

1957年12月下旬号

日本映画紹介:負ケラレマセン勝ツマデハ

1957年11月下旬号

特別口絵:「負ケラレマセン勝ツマデハ」の豊田組