男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里

  • にちろせんそうしょうりのひしてきちゅうおうだんさんびゃくり
  • Advance Patrol
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.5点(26人)

  • 観たひと

    42

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 日本
製作年 1957
公開年月日 1957/12/28
上映時間 86分
製作会社 大映東京
配給
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督森一生 
脚色黒澤明 
小国英雄 
原作山中峯太郎 
企画米田治 
製作永田雅一 
撮影高橋通夫 
美術下河原友雄 
音楽鈴木静一 
録音渡辺利一 
照明伊藤幸夫 

キャスト

出演菅原謙二 建川斥候隊長
北原義郎 豊吉斥候隊員
高松英郎 大竹斥候隊員
浜口喜博 野田斥候隊員
原田玄 神田斥候隊員
石井竜一 沼田斥候隊員
根上淳 橋口特務機関長
品川隆二 村上守備隊長
八木沢敏 光岡馬賊隊長
柳永二郎 大山総司令官
中村伸郎 児玉総参謀長
伊東光一 松川参謀
高村栄一 土井参謀
伊沢一郎 田中参謀
川崎敬三 沢木副官
南部彰三 平佐聯隊長
船越英二 聯隊副官
荒木忍 桂総理大臣
伊達三郎 小村外務大臣
見明凡太朗 長岡参謀本部次長
小山内淳 伝令
米沢富士雄 郵便係の兵
川島祥二 当直士官
島照彦 七台子村の歩哨
高見貫 守備兵A
杉森麟 守備兵B
広川雅英 守備兵C
黒須光彦 守備兵D
毛利敏夫 守備兵E
川井脩 守備兵F
飛田喜佐夫 守備兵G
中田勉 守備兵H
志保京助 守備兵I
伊藤直保 守備兵J
伊達正 大蛇子村の支那人の老爺
小杉光史 大蛇子村の支那人
藤山浩一 馬賊呉
黒川清司 馬賊李
湊秀一 馬賊朱
谷謙一 唄う馬賊
若松健 鉄嶺駅の機関手
高田宗彦 露軍の将校
ジョー・オハラ 支那軍の将校
大山健二 馬車屋の主人
夏木章 電柱の下の支那人
此木透 支那家屋の支那人
潮万太郎 
杉田康 衛兵長

解説

かつて雑誌『少年倶楽部』に連載された山中峯太郎の『敵中横断三百里』の映画化。「どん底」のコンビ、黒澤明と小国英雄が共同で脚本を書き「稲妻街道」の森一生が監督、「青空娘」の高橋通夫が撮影した。主演は「青空娘」の菅原謙二、「暖流(1957)」の根上淳、船越英二、品川隆二、「花嫁立候補(1957)」の川崎敬三。ほかに北原義郎、高松英郎、石井竜一、柳永二郎など。

あらすじ

明治三十八年、旅順要塞がやっと落ちた後、広島大本営では一気に勝敗を決しようと、日夜御前会議が開かれていた。その決戦地として露軍が大兵力を集中している地点は鉄嶺か奉天か判然しなかった。それを探るため敵中深く騎兵斥候隊を送りこむことが決定され、第二軍騎兵第九連隊の建川中尉以下五名が使命を帯びて出発した。--雪の満洲平野。しばらく進んだ頃、コサックの大軍に追われた。逃げる六騎の前に馬賊が現われた。が、それは日本の特務機関の馬賊だった。彼らと別れて一週間、斥候隊は露軍と行きあったり、敵の馬賊に追われたり、吹雪に苦しめられたりした末、やっと鉄嶺を見晴す山の上にたどりついた。彼らは露軍の外套をまとって市街に忍び入り、偵察した。露軍の大群が集結し、汽車に乗って奉天へ南下していた。決戦地は奉天。一刻も早く知らせねばならぬ。帰途についた彼らはまたも露軍の大軍に出会った。それはたくみな露語で切り抜けたが休息のため中国人集落に入った時、日本兵であることを見破られ、追われた。コサック騎兵隊も追跡してきた。沼田一等卒が深みにはまった。敵弾にのぞけるのがチラと見えた。一行は目標となる愛馬を仕方なく捨てて、走った。包囲されたまま夜がきた。雪の中で睡魔に苦しんだ。五人は、愛馬が戻ってきたのを幸い、別々に包囲を突き破ることにした。一人でも生還して報告せねばと、集合地点に集った時、豊吉には馬がなかった。彼は敵弾に馬を射たれ、よろめき歩いてきたのだ。仕方なく彼を残して建川らが出発しようとした時、死んだ沼田の馬が現われた。それに乗った豊吉と共に、一行は本部をめざして駈けた。何度も露軍陣地を駈け抜け、苦難の末、日本の馬賊軍のもとへ着いた。それからはもう大丈夫。彼らは無事本部へ着き、報告を終え、重大な使命を果した。

関連するキネマ旬報の記事

1958年3月上旬号

日本映画批評:敵中横断三百里

1958年1月上旬新春特別号

新作グラビア:敵中横断三百里

1957年12月上旬号

日本映画紹介:敵中横断三百里