男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

気違い部落

  • きちがいぶらく
  • The Unbalanced Wheel
  • ----


  • 平均評点

    76.5点(46人)

  • 観たひと

    63

  • 観たいひと

    17

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1957
公開年月日 1957/11/26
上映時間 134分
製作会社 松竹大船
配給 松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督渋谷実 
脚色菊島隆三 
原作きだみのる 
企画佐々木孟 
撮影長岡博之 
美術浜田辰雄 
音楽黛敏郎 
録音大村三郎 
照明小泉喜代司 
編集杉原よし 

キャスト

出演伊藤雄之助 村田鉄次
淡島千景 村田お秋
水野久美 村田お光
藤木満寿夫 村田保
山形勲 野村良介
諸角啓二郎 野村太一
石浜朗 野村次郎
三好栄子 野村お三重
信欣三 木崎三造
須賀不二夫 川端又一
清川虹子 木崎お紺
矢の間啓二 木崎三吉
藤原釜足 大倉仁太郎
賀原夏子 大倉おらく
瞳麗子 大倉お千代
三井弘次 青木助夫
文野朋子 青木お芳
中村是好 土屋儀太郎
水上令子 土屋さだ
玉島愛造 儀太郎の老父
小川虎之助 甚助伯父
町田祥子 甚助伯父の孫娘キミ
伴淳三郎 駐在酒盛
新島勉 お秋の兄伊作
秩父晴子 伊作の女房つる
荒木道子 保険の女外交員
桂小金治 下の部落の炭屋
谷崎純 下の部落の床屋
朝海日出夫 下の部落の饅頭屋
井出忠彦 現場監督風の男
末永功 お千代の愛人兼田
長谷部朋香 青年タケさん
森繁久彌 解説者X氏

解説

きだみのるの『気違い部落周遊記』『気違い部落紳士録』『霧の部落』『奥様騒動記』『日本文化の根底に潜むもの』など、一連の“気違い部落”ものを原作に、「「元祿忠臣蔵・大石最後の一日」より 琴の爪」より 琴の爪」の共同脚色者の一人、菊島隆三が書いたシナリオを「正義派」の渋谷実が監督した社会喜劇。撮影は「土砂降り」の長岡博之。主演は「鳴門秘帖(1957)」の淡島千景、伊藤雄之助、「肌色の月」の石浜朗、新人水野久美、「伝七捕物帖 銀蛇呪文」の伴淳三郎。解説者として森繁久弥が登場する。

あらすじ

東京からわずか十三里半の所に“気違い部落”がある。といっても気違いが住んでいるわけではない。貧乏な中で色と慾をむき出しにした農民生活が“気違い沙汰”にみえるので人々はこう呼んでいる。機屋の因業親爺良介、高利貸又一、この二人の親方を中心に十四世帯の集落は統一されている。親方の権力は絶対で、集落の掟は国の法律より優先することさえあった。ある日、頑固者の鉄次は、昔祖父が集落に寄付した神社の境内がまだ登記されていないのを知って、自分の土地だと縄張りをして耕しはじめた。親分連は鉄次の暴挙に腹を立てたが、彼は平気だった。良介一家は鉄次とのつきあいを断った。何んでも屋の三造夫婦も、酒好きの仁太、自転車屋の助夫、鉄次の伯父甚助までもこれに加わった。結局鉄次の家は村八分にされてしまった。これに一番困ったのは鉄次の娘お光だった。彼女は自家の敵良介の息子で東京へ出稼ぎに行っている次郎と恋仲であった。駐在さんの骨折りも一切無駄だった。お光は肺病になり、集落に帰って来た次郎に頼まれた駐在はストマイを安く買ってやった。お光は一時はよくなったが、冬を迎えてポックリ死んでしまった。鉄次が薬代のもとを取ろうとして、残りをヤミ売りしてしまったからだ。誰ひとり弔う者もない寂しい葬式の翌日、家出して東京に発つ次郎はいい働き口があると鉄次を誘った。次郎は「こんな村にいたって、百姓は雑木と同じだ。狭い土地に根を下し、木材と養分の取りっこをしたとて何になる、先祖のして来たことの繰返しでねえか」と、しかし鉄次は「ここを捨てたとて、日本中どこでもおなじだんべ」といったのである。

関連するキネマ旬報の記事

1958年3月上旬号

シナリオ「気違い部落」への疑問:

1958年2月下旬号

田中穣氏へ 「気違い部落」の批評をめぐって:

1958年1月上旬新春特別号

日本映画批評:気違い部落

1957年11月下旬号

新作グラビア:気違い部落

日本映画紹介:気違い部落

1957年11月上旬号

特別口絵:「気違い部落」の渋谷組

日本文化の縮図を描く:「気違い部落」セット訪問

1957年9月上旬特別号

「気違い部落」シナリオ批評・懸賞当選論文発表:「気違い部落」シナリオ批評

「気違い部落」シナリオ批評・懸賞当選論文発表:解説者X氏の立場

1957年夏の特別号

シナリオ:気違い部落

シナリオ:気違い部落 作者の言葉

「気違い部落」シナリオ批評懸賞論文募集: