男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

黒い河(1957)

  • くろいかわ
  • Black Current
  • Black Current

amazon


  • 平均評点

    69.7点(47人)

  • 観たひと

    75

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1957
公開年月日 1957/10/23
上映時間 114分
製作会社 松竹大船
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督小林正樹 
脚色松山善三 
原作富島健夫 
企画にんじんくらぶ 
製作桑田良太郎 
撮影厚田雄春 
美術平高主計 
音楽木下忠司 
録音西崎英雄 
照明須藤清治 
編集浜村義康 

キャスト

出演渡辺文雄 西田
有馬稲子 静子
仲代達矢 人斬りジョー
永井智雄 岡田
淡路恵子 妻康子
佐野浅夫 坂崎
宮口精二 金賢順
三戸部スエ 妻美秀
東野英治郎 栗原
高橋とよ 
山田五十鈴 家主幹子
桂木洋子 幸子
富田仲次郎 山口
春日千里 妻綾子
小笠原章二郎 パアの夫
菅井きん パアのかあちゃん
大杉莞児 安井
賀原夏子 安井の女房
清水将夫 黒木
織田正雄 課長
中村是好 肥料汲取りの老爺
永田靖 医者
三好栄子 遣手婆さん
水上令子 看護婦
田村保 ジョーの乾分A
北里治一 ジョーの乾分B
藤田貢 ジョーの乾分C
桜井研一 ジョーの乾分D
小林和雄 ジョーの乾分E
池月秋雄 ジョーの乾分F
浅川真 ジョーの乾分G
南進一郎 ポン引A
南大治郎 ポン引B
大友純 ポン引C
千村洋子 プルニエのウェイトレスA
伊久美愛子 プルニエのウェイトレスB
秩父晴子 キャバレーの女A
戸川美子 キャバレーの女B
ポール聖名子 キャバレーの女C
佐々木恒子 バアの女

解説

新進作家富島健夫の同名小説(角川新書版)を「悪魔の顔」の共同脚色者の一人、松山善三が脚色、「あなた買います」以来久々に小林正樹が監督した異色作。撮影は「東京暮色」の厚田雄春。主演は「大忠臣蔵」の有馬稲子、山田五十鈴、「挽歌(1957)」の渡辺文雄、「喜びも悲しみも幾歳月」の桂木洋子、「月と接吻」の淡路恵子、「続大番 (風雲篇)」の仲代達矢。

あらすじ

アパートとは名ばかりの朽ちはてた長屋「月光荘」--内妻をパーマネント屋に勤めさせているグウタラ者の岡田、愚連隊の親分・人斬りジョーの手下の坂崎と山口、朝鮮人で共産党員の金、ポン引の栗原など余り柄がよくない連中が住んでいる。ある日、ここへ大学生の西田が引越してきた。彼は引越すときに道を訊ねた静子というレストランのウェイトレスと親しくなった。その頃、月光荘の家主幹子は、人斬りジョーを通じて二百四十万円でアパートを買取りたいとの相談をうけていた。買手は黒木という男で、近くの米軍基地を目当てにキャバレーを開くらしい。ジョーは坂崎らを使って三千円を餌に住人たちに立退きを迫った。西田や金は頑としてはねつけた。坂崎らは住人の個個に買収を始めたが、その手始めに一夜アパートで酒盛りをした。その翌朝、、西田は静子がジョーと一緒に泊っていたのを知ってギクリとした。翌日、彼は静子に会い、その告白を聞いた。あの夜、静子は西田のもとへ行く筈だったが途中でジョーの奸計にあって体を自由にされたというのだ。語り終えた静子は西田への愛情に、ジョーを殺して自分を取戻すのだと誓った。翌日、新川組という土建屋の若い衆が突然アパートを取壊しにきた。西田が村役場へ訴えに行くと意外にも自分の印鑑が立退同意書に押されてあった。ジョーのインチキと知って戻るがアパートは半分近く壊されていた。しかもジョーは、あくまで立退きに応ぜぬ西田に、今日は自分の誕生日だから祝いに来てくれと呼出しをかけた。その使いに来た坂崎を締上げて西田は、アパート跡に温泉マークが建つことを白状させた後、ジョーのいる新川組の一家を訪れた。酒盛りの最中、果して立退きのことで不穏な空気が流れたが、同席した静子の取りなしで収まった。その後、ジョーと彼の情婦幸子、それに静子と四人連立って西田は表へ出た。折からの雨。そのとき静子は、ジョーに接吻すると見せかけ、彼を走ってきたトラックめがけて突きとばした。ジョーは轢かれて死んだ。西田の胸に静子は涙の顔を埋めた。

関連するキネマ旬報の記事

1957年12月下旬号

日本映画批評:黒い河

旬報論壇:「黒い河」と現代芸術

1957年10月下旬号

特別口絵:「黒い河」の小林組

新作グラビア:黒い河

1957年10月上旬秋の特別号

日本映画紹介:黒い河