男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

江利チエミのサザエさん(1956)

  • えりちえみのさざえさん
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    58.2点(20人)

  • 観たひと

    37

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル コメディ / ファミリー
製作国 日本
製作年 1956
公開年月日 1956/12/12
上映時間 86分
製作会社 東宝
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督青柳信雄 
脚本笠原良三 
原作長谷川町子 
製作杉原貞雄 
撮影遠藤精一 
美術北猛夫 
植田寛 
音楽原六朗 
録音保坂有明 
照明大沼正喜 
編集岩下廣一 
製作担当者角田健一郎 
助監督岩城英二 
記録佐々木三千 
スチール高木暢二 

キャスト

出演江利チエミ 磯野サザエ
松島トモ子 磯野ワカメ
小畑やすし 磯野カツオ
藤原釜足 サザエの父親
清川虹子 サザエの母親
仲代達矢 ノリ助君
小泉博 フグ田君
青山京子 ミチコ
丘寵児 女性クラブ編集長
若山セツ子 貝原キミ子
花菱アチャコ 神田大六
音羽久米子 神田夫人
柳家金語楼 山中老人
森川信 大木探偵所長
一の宮あつ子 中野夫人
宇野晃司 所員
白川由美 およしチャン
塩沢登代路 おでん屋のおかみ
沢村いき雄 おでん屋のおッさん
有木山太 流しの男A
平凡太郎 流しの男B
三田照子 横向夫人
熊谷二良 医者
ダークダックス 洗濯屋/酒屋/炭屋/魚屋
高木秀代 女の子A
松林久美子 女の子B
広瀬正一 チンドン屋A

解説

長谷川町子の漫画“サザエさん”の映画化。「母孔雀」の笠原良三が脚本をかき「若人の凱歌」の青柳信雄が監督、同じく遠藤精一が撮影を担当する。主な出演者は、「力道山男の魂」の江利チエミ、「母孔雀」の松島トモ子、「ボロ靴交響楽」の小畑やすし、「山と川のある町」の小泉博、「眠狂四郎無頼控」の青山京子、「裸足の青春」の仲代達矢、「いで湯の姉妹」の若山セツ子、「若人の凱歌」の柳家金語楼、清川虹子、「アチャコ行状記 親馬鹿天国」のアチャコ、ほかに藤原釜足、森川信、白川由美など。

あらすじ

サザエさんの一家は弟のカツオ、妹ワカメとお父さん、お母さんの五人暮し。サラリーマン生活だが至ってノンキな家庭である。しかし長女のサザエさんは高校を卒えてもお転婆ぶりを発揮、お父さんお母さんは頭がいたい。ある日、新聞社勤めの親戚ノリスケが下宿を申し出、一家は協議の末、大食に相当する下宿代で居候を認める。その頃、雑誌社“女性クラブ”に採用されたサザエさんは間違えて山高商事に初出勤。だがそこで会ったフグ田君の親切に心打たれる。第一の仕事は小説家神田大六宅へ原稿取り。いざ神田宅へと上りこんでみれば、彼は以前親友ミチコの勤めるデパートで失敗の末カンカンに怒らせた客である。逃げ出したサザエさんはクビを申し渡されるが親切なフグ田君の紹介で大木探偵事務所に入る。素行調査の依頼からノリスケとミチコの恋を知ったサザエさんの援助で二人は結婚にゴールイン。二人の新婚生活を見る彼女の胸にも、フグ田君の面影が秘められた様子。ミチコの名案で、サザエさんは彼に、間近に迫ったクリスマスの招待状を送る。当日、かねて彼が言っていた通りに女らしく振舞うサザエさん。夜になっても姿を見せず彼女を淋しがらせたフグ田君も、やがて会社の都合で遅れたと飛びこんで来る。プレゼントは可愛いサザエのブローチ。喜びに手を取り合って踊る二人を中心に、サザエさん一家のクリスマスは楽しそうに続いていた。

関連するキネマ旬報の記事