男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

歌う弥次喜多 黄金道中

  • うたうやじきたおうごんどうちゅう
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    57.5点(6人)

  • 観たひと

    13

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ミュージカル / コメディ
製作国 日本
製作年 1957
公開年月日 1957/1/3
上映時間 102分
製作会社 松竹・京都
配給 松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督大曾根辰保 
脚本吉田一郎 
淀橋太郎 
製作岸本吟一 
美術水谷浩 
音楽万城目正 
録音福安賢洋 
照明寺田重雄 

キャスト

出演高田浩吉 弥次郎兵衛
伴淳三郎 喜多八
高峰三枝子 お春
日守新一 明斎
シリア・ポール おきん
花菱アチャコ 紀之国屋文右衛門
中村メイコ 遊覧駕篭の娘
トニー谷 浦賀案内人
高田浩吉 伊豆の佐太郎
伴淳三郎 清水の次郎長
広沢虎造 広沢村の虎造
東富士 富士の山
小坂一也 クロブネの歌手
泉友子 茶店の娘
島倉千代子 島倉村のお千代
藤島桓夫 藤島村の桓吉
島ひろし 鶴松
ミス・ワカサ 唐人お吉
内海突破 角力の解説
堺駿二 森の石松
ミヤコ蝶々 お蝶
南都雄二 勇二
長内栄子 栄子
長内敏子 敏子
山路義人 役人永田
永田光男 役人小田
関千恵子 女あんま
山田周平 祈祷師
有木山太 坊主
秋月恵美子 天女
芦原千津子 天女
ジョージ・ルイカー 浦賀の外人
草島競子 クロフネの女将
大和久乃 幽霊
橘一枝 幽霊お菊
河上富江 幽霊お岩
吾妻道代 幽霊お露
藤井きよ 幽霊鬼婆
玉島愛造 茶店の親爺
富本民平 竹庵先生
サトウサブロー 船頭
高山裕子 明斎の宿の女将

解説

ラジオ東京他で人気のある連続放送劇の映画化、ミュージカル時代喜劇。脚本は吉田一郎、淀橋太郎の共同、「阪妻追善記念映画 京洛五人男」の大曽根辰保が監督、同じく石本秀雄が撮影を担当する。主な出演者は、「阪妻追善記念映画 京洛五人男」の高田浩吉、「男の花道」の伴淳三郎、「世にも面白い男の一生 桂春団治」の高峰三枝子、「アチャコ行状記 親馬鹿天国」の花菱アチャコ、「お初の片恋」の中村メイコ、ほかに日守新一、広沢虎造、東富士、トニー谷、秋月恵美子、芦原千津子、関千恵子、堺駿二、島倉千代子、藤島桓夫、小坂一也、ミヤコ蝶々、南都雄二、島ひろし、ミス・ワカサなど演劇、歌謡、スポーツ、漫才界の人気者たち。

あらすじ

お江戸日本橋を振出しに旅に出た弥次さん喜多さんは、開化の港浦賀へ。二人は国際使節として、悪役人のため黒船に連れ去られた母親お春を求める、おきんに同情。一方、酒場クロブネではストリッパーのキッス襲撃に大騒ぎ。箱根を越えて大磯から小田原へ。二人は宿で女按摩に惚れたりした上、おきんを連れて下田へ向う。唐人お吉で名高い下田港へ来て見れば既にお春は長崎へ連れ去られた後。弱った二人は、おきんの胸に「情ある方は長崎までお連れ下さい」と記して海路を清水港へ向う。船中、浪曲師虎造と知り合い話に花が咲いたが再びおきんを見つけて大くさり。清水港は折しも島倉村のお千代の音頭で祭礼に大賑わい。奉納相撲大会では横綱富士の山と森の石松の対戦。投げ出された石松が怒っての大喧嘩も清水の次郎長の仲裁で無事にケリ。二人はやがて浜松へ。峠では幽霊の総攻撃にあいノイローゼとなって宿の床に伏したが、おきんの働きで将軍家御殿医明斎の治療を受け全快。明斎の紹介状を持って一路堺の紀之国屋文右衛門の許へ。紀之国屋に会った三人は、長崎への船出を承諾させる。長崎では出帆間際のお春と再会できたのも束の間、お春は異国へと連行された。弥次さん喜多さんは、おきんを慰め手許に引取ることにした。翌日、日本晴れの空の下、三人を乗せた千石船は堺へと船出した。

関連するキネマ旬報の記事

1957年2月上旬特別号

日本映画批評:歌う弥次喜多 黄金道中