男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アイアン・メイズ ピッツバーグの幻想

  • あいあんめいずぴっつばーぐのげんそう
  • Iron Maze
  • ----

amazon


  • 平均評点

    51.0点(8人)

  • 観たひと

    19

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル 社会派 / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991/10/10
上映時間 0分
製作会社 トランス=トーキョー・コーポレーション・プロ作品
配給 UIP
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ピッツバーグの製鉄所跡地を舞台に、日米経済摩擦の問題を浮かび上がらせた社会派ミステリー。監督は吉田博昭。彼はロバート・レッドフォード主宰のサンダンス・インスティチュートに招かれた日本人監督で、講師のオリバー・ストーンが彼の才能を評価し、製作を買って出たことからこの作品はできあがった。原作は芥川龍之介の「藪の中」。脚本はティム・メトカーフ。撮影は三枝盛男。音楽はスタンリー・マイヤーズ。編集はボニー・コーラー。美術はトビー・コーベット。出演は、「ホワイトハンター ブラックハート」のジェフ・フェイヒー、「アサシン」のブリジット・フォンダ、「ジュリエット・ゲーム」の村上弘明。

あらすじ

日本人青年実業家のスギタ・ジュンイチ(村上弘明)は、ピッツバーグ郊外の鉄鋼場跡地に遊園地を建設しようとしていたが、製鉄所の中で何者かに襲われ、瀕死の重症を負った。事件の発生から数時間後、地元の労働者バリー(ジェフ・フェイヒー)が警察に自首してきた。彼は、スギタを殴ったのは襲われたからだと正当防衛を主張した。事件当初から姿を消していたスギタの妻クリス(ブリジット・フォンダ)は、警察署長ジャック・ルール(J・T・ウォルシュ)にあてて電話をかけてきて、バリーとの秘めた関係を告白した。ところが、スギタがまだ生きていると聞くと、再度電話を掛けてきて前の証言を撤回した。バリーとクリスの供述にジャックは当惑するが、製鉄所付近に住む少年マイキーが事件の鍵を握っているとの目星をつけ、彼を捜索することに決めた。そんなとき、クリスがついに姿を現し真実を告白、自首することを決意するのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1991年10月下旬号

インタビュー:「アイアン・メイズ」監督 吉田博昭