男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

忘れえぬ慕情 Printemps a Nagasaki

  • わすれえぬぼじょう
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    62.3点(12人)

  • 観たひと

    18

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1956
公開年月日 1956/9/15
上映時間 118分
製作会社 松竹=シラ=テラ=パテー・シネマ
配給 松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演岸恵子 乃里子
ダニエル・ダリュー フランソワーズ
ジャン・マレー マルサック
野添ひとみ 冴子
鈴木純 弟忠雄
木田勝二 正雄
浦辺粂子 藤田
山村聡 
森川まさみ 堀夫人
ゲルト・フルーべ リッテル
浅茅しのぶ 妻慶子
英やよい 洋子
エドワール・レジャン リヴォワール
関千恵子 三枝子
山本和子 銀鈴の女給
桂小金治 寿司やの親爺
草香田鶴子 寿司やのおかみ
峰幸子 寿司やの女中
御室蘭子 寿司やの女中
日向三平 寿司やの丁稚
西岡長崎県知事 造船所長
近衛敏明 造船所技師
遠山文雄 造船所技師
井上正彦 造船所技師
手代木国男 造船所技師
滝久志 造船所守衛
判木屋寿子 リッテルの生徒
水木凉子 乃里子の店の客
加賀ちか子 乃里子の使用人
川口のぶ 乃里子の友人
叶多賀子 乃里子の友人
泉京子 卒業パーティの仲間
新島勉 職工長
鬼笑介 工員
人見修 工員
松野日出夫 工員
光村譲 工員

解説

日仏人気スターの競演により、異国情緒豊かな長崎の町を背景に展開される悲恋の物語で日仏合作、イーストマンカラーによる作品。「白い魔魚」の松山善三、「明日では遅すぎる」のジャン・シャルル・タケラ、「歴史は女で作られる」のアネット・ヴァドマン、「悪の決算」のイヴ・シャンピが共同で脚本を書きイヴ・シャンピが監督した。撮影監督は「フルフル」のアンリ・アルカン。美術監督は伊藤熹朔。主演者は「他国者は殺せ」のジャン・マレー、「アレキサンダー大王」のダニエル・ダリュー、「朱と緑」の岸恵子、ドイツの性格俳優ゲルト・フルーベ(「悪の決算」)、「俺は死なない」の野添ひとみ、新人木田勝二、「白い魔魚」の浅茅しのぶ、その他山本和子、山村聡、浦辺粂子、関千恵子など。

あらすじ

長崎のある造船所に、フランスからマルサック技師(J・マレー)が赴任して来た。彼はキャバレーの女などには無関心だったが、堀技師長に紹介された呉服屋の娘、乃里子に心惹かれた。彼女は弟妹の面倒をみながら、両親のいない店をきりまわしている健気な女性。乃里子を通じて日本に興味を持ち始めたマルサックは彼女のフランス語の先生リッテル(G・フルーべ)の離れに住居を移した。リッテルの妻は乃里子の友人慶子である。すっかり外国人の習慣を忘れているリッテルと同様日本の生活に融けこんでゆくマルサックに、乃里子も愛情を抱き始めた。そこへ、マルサックの昔の恋人で女流作家のフランソワーズ(D・ダリュー)が、東洋に取材の傍ら訪ねて来た。乃里子との純愛に生きようとしたマルサックも彼女の誘惑に、旅先で昔のよりを戻してしまう。やがて、乃里子の妹冴子の結婚式が行われたが、乃里子の心は晴れない。長崎へ帰って来たマルサックはフランソワーズのホテルに引移る。その頃、長崎は烈しい台風に襲われた。フランソワーズ共々避難したマルサックは、乃里子の身を心配し、嫉妬するフランソワーズを振り切って彼女の家に辿り着く。二人の間には再び愛情が甦った。だが激しい台風に、弟の身をかばった乃里子は天井の梁の下敷となって死ぬ。マルサックは彼女との想い出の地に踏み止まることを誓い、彼の決心を知ったフランソワーズは一人故国へ帰って行った。

関連するキネマ旬報の記事