男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

下郎の首

  • げろうのくび
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    76.8点(25人)

  • 観たひと

    40

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル 時代劇
製作国 日本
製作年 1955
公開年月日 1955/7/26
上映時間 97分
製作会社 新東宝
配給
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督伊藤大輔 
脚本伊藤大輔 
製作津田勝三 
撮影平野好美 
美術松山崇 
音楽深井史郎 
録音根岸寿夫 
照明佐藤快哉 

キャスト

出演田崎潤 下郎訥平
高田稔 結城新兵衛
片山明彦 新兵衛の息新太郎
小沢栄 須藤厳雪
山本豊三 厳雪の息静馬
岡譲司 門弟溝呂木
高松政雄 門弟片品
澤村昌之助 若党源吾
小森敏 一文字屋番頭彦六
東京子 一文字屋少女お初
横山運平 ゆとうや主人嘉十
伊藤皇紀子 ゆとうや少女つぎ
倉橋宏明 手代六助
武田正憲 小屋番弥陀七
三井弘次 小屋者躄勝
市川正之助 小屋者馬六
五月藤江 小屋者お花
井波静子 小屋者お歳
高堂国典 旅人梅里軒
広瀬康治 旅人重兵衛
築地博 百姓豊作
浦辺粂子 雇婆お角
瑳峨三智子 妾お市
丹波哲郎 石谷
鳥羽陽之助 丹羽
舟橋元 千石
水村民子 お稲

解説

サイレント時代に映画化された伊藤大輔の「下郎」の再映画化で、彼自身が新しく脚本を書き直し、「明治一代女」についで監督する。撮影は「忍術児雷也 逆襲大蛇丸」の平野好美。主なる出演者は「のんき裁判」の田崎潤、「青春怪談(1955 市川崑)」の瑳峨三智子、「たそがれ酒場」の高田稔、「母性日記」の片山明彦、「藤十郎の恋」の小沢栄、「森繁のやりくり社員」の岡譲司など。

あらすじ

湯治中の結城新兵衛は、碁の席上、言葉の行き違いから相手の浪人磯貝某に殺された。息子の新太郎と奴の訥平は、折悪しく不在だった為、顔に九つの黒子があるというだけで相手の顔も知らなかったが、主従二人仇討の旅に出た。やがて時が流れ、新太郎は病の為にある城下町の乞食小屋に臥す身となったが、訥平は忠勤をはげみ、槍踊をして投銭を稼ぐ日々であった。訥平はある日、雨やどりが縁で、妾のお市と知り合い、お市は素朴な訥平を愛する様になった。お市は新太郎に同情して病を慰めるためと鳥籠をくれるが、新太郎は訥平の乞食根生を罵り、鳥籠を返してこいと命じた。訥平が再びお市を訪れた時、たまたま旦那の須藤厳雪が現れ、訥平は刀で追われた。須藤の顔を見ると九つの黒子があった。訥平の必死の抵抗とお市の助けで、彼は逆に須藤を殺した。思わぬ所で仇を討った主従は、国もとへ急いだが、ほど遠からぬ宿場で須藤の息子静馬をはじめとする一団の追手に発見された。訥平の引渡しを要求された新太郎は、須藤を討ったのは訥平だという口実で、彼が字を読めないのをよい事に、須藤門下が待っている地蔵の辻へ訥平を送った。忠義一途の訥平は、この時ようやく卑怯な主人の裏切りを知ったが、下郎の腕では武士達の刀を防ぐ事が出来ず、彼を追って来たお市と共に殺された。心のとがめた新太郎は訥平を追ったが、彼を待っていたのは群衆の嘲罵だけだった。

関連するキネマ旬報の記事

1955年9月上旬号

日本映画批評:下郎の首

1955年7月下旬号

新作グラフィック:下郎の首

日本映画紹介:下郎の首

1955年6月下旬号

日本映画第一線の動き 2:伊藤大輔の「下郎の首」