男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

君の名は 第3部

  • きみのなはだいさんぶ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    62.8点(29人)

  • 観たひと

    48

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 日本
製作年 1954
公開年月日 1954/4/27
上映時間 124分
製作会社 松竹大船
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督大庭秀雄 
脚色柳井隆雄 
原作菊田一夫 
製作山口松三郎 
撮影斎藤毅 
美術浜田辰雄 
音楽古関裕而 
録音妹尾芳三郎 
照明磯野春雄 

キャスト

出演佐田啓二 後宮春樹
岸恵子 浜口真知子
月丘夢路 後宮悠起枝
淡島千景 石川綾
川喜多雄二 浜口勝則
市川春代 浜口徳枝
望月優子 角倉信枝
大坂志郎 副島渡
小林トシ子 
太田良士 俊樹
野添ひとみ あさ
柳永二郎 永橋
磯野秋雄 末永
笠智衆 加瀬田修造
紙京子 清宮美子
三橋達也 野島八郎
清水一郎 女性評論社編集長

解説

スタッフ、キャストとも第二部とほぼ同じであるが、スタッフでは新たに録音を妹尾芳三郎が担当し、キャストでは「別離」の三橋達也、「陽のあたる家(1954)」の紙京子、「濡れ髪権八」の大坂志郎などが新たに登場する。

あらすじ

勝則からの同居請求によって北海道から東京へ帰った真知子は、綾の許に身を寄せて、勝則との離婚調停を申し出たが、勝則が春樹を裁判所に訴えている事を知って、当分永橋の保護の下に春樹とは会わない条件で、告訴を取り下げて貰い、氷橋の計いで九州雲仙に行き、ホテルの事務員として働く事になった。或る日春樹の務めている女性評論社へ勝則が現れ、真知子が春樹以外の男と結婚するのなら離婚してもいいと云った。だが真知子には春樹以外の男と結婚する意志はなかった。夜の女から更生して果物屋を営む梢が、子供の怪我で知り合った医師野島を愛し始めたのも、丁度その頃の事であった。雲仙では真知子がホテルの客副島に求婚されていたが、春樹の存在を知った副島は表向きだけ僕と結婚するという事で勝則から離婚の承諾を得てもいいと道化役をかって出た。急にヨーロッパへ発つ事になった春樹が勝則を訪れた時、真知子と結婚するという副島からの便りを見せられた。春樹は、真知子がこの結婚によって幸福になれるとしたら、祝福したいと思った。その頃勝則は次官の娘美子と近々結婚する事になっていた。その美子から結婚後はお母様とは別居したいと云われた徳枝は、始めて真知子の優しさに気づき、真知子を迎える為に雲仙へ向ったが、途中急性肺炎を起し、真知子の看護を受ける身となった。折も折、ヨーロッパへ発つ春樹が真知子と逢う為にやって来る。しかしその幸福も束の間、春樹は去って行った。春樹の見送りから戻った真知子に徳枝は今までの仕打ちを詫びるのだった。勝則は美子を持て余し縁談を断る。真知子を愛する副島は再び彼女の許を訪れたが、真知子の純真な心を知って去って行った。感冒をこじらせて病床に着いた真知子をアヤは東京に呼び寄せ入院させる。悠起枝は真知子に詫び、彼女が入院したことを春樹に知らせたと告げる。その夜勝則が見舞い訪れ、離婚届を渡すのだった。勝則の心からの謝罪に真知子は涙する。アヤは編集長に頼んで急遽春樹をスイスより呼び寄せる。死を覚悟した真知子は病室を抜け出し、春樹との想い出溢れる数寄屋橋に向うが、その無理がたたり危篤となってしまう。日本に戻った春樹は急ぎ真知子の元を訪れる。ようやく再会した二人を病室に残し、アヤは夜明けの数寄屋橋にたたずみ、もの思いにふけるのだった。

関連するキネマ旬報の記事