男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

お茶漬の味

  • おちゃづけのあじ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    75.7点(233人)

  • 観たひと

    373

  • 観たいひと

    27

  • レビューの数

    45

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1952
公開年月日 1952/10/1
上映時間 115分
製作会社 松竹大船
配給 松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督小津安二郎 
脚本野田高梧 
小津安二郎 
製作山本武 
撮影厚田雄春 
美術浜田辰雄 
音楽伊藤宣二 

キャスト

出演佐分利信 佐竹茂吉
木暮実千代 佐竹妙子
柳永二郎 山内直亮
三宅邦子 山内千鶴
津島恵子 山内節子
設楽幸嗣 山内幸二
鶴田浩二 岡田登
淡島千景 雨宮アヤ
十朱久雄 雨宮東一郎
上原葉子 黒田高子
笠智衆 平山定郎
石川欣一 大川社長
望月優子 しげ

解説

「麥秋」に次ぐ小津安二郎作品。脚本は「麥秋」と同じく野田高梧との協力によって書き、撮影は例のように厚田雄春が担当。出演者は、最近「離婚」で共演した佐分利信と木暮実千代に、「華やかな夜景」の津島恵子、「郷愁」の三宅邦子と笠智衆、「東京騎士伝」の鶴田浩二、「お景ちゃんと鞍馬先生」の淡島千景、「母の山脈」の柳永二郎と設楽幸嗣の他に、元松竹の女優小櫻葉子で現上原謙夫人の上原葉子と、随筆家として知られた石川欣一氏が特別出演している。

あらすじ

妙子が佐竹茂吉と結婚してからもう七、八年になる。信州の田舎出身の茂吉と上流階級の洗練された雰囲気で育った妙子は、初めから生活態度や趣味の点でぴったりしないまま今日に至り、そうした生活の所在なさがそろそろ耐えられなくなっていた。妙子は学校時代の友達、雨宮アヤや黒田高子、長兄の娘節子などと、茂吉に内緒で修善寺などへ出かけて遊ぶことで、何となく鬱憤を晴らしていた。茂吉はそんな妻の遊びにも一向に無関心な顔をして、相変わらず妙子の嫌いな「朝日」を吸い、三等車に乗り、ご飯にお汁をかけて食べるような習慣を改めようとはしなかった。たまたま節子が見合いの席から逃げ出したことを妙子が叱った時、無理に結婚させても自分たちのような夫婦がもう一組できるだけだ、と言った茂吉の言葉が、大いに妙子の心を傷つけた。それ以来妙子は口も利かず、茂吉が何か言いたげな態度を見せてもとりつく島もない。そのあげく妙子は茂吉に無断で神戸の同窓生の所へ遊びに行ってしまった。その留守に茂吉は、妙子に言いだせずにいた海外出張が飛行機の都合で急に決まり、電報を打っても妙子が帰ってこないまま、知人に送られて発ってしまった。その後で妙子は家に帰ってきたが、茂吉のいない家が彼女には初めて虚しく思われた。しかしその夜更け、思いがけなく茂吉が帰ってきた。飛行機が故障で途中から引き返し、出発が翌朝に延びたというのであった。お茶漬が食べたいと言う茂吉のために、二人で夜更けた台所に立って準備をし、体裁もなくお茶漬を食べた。夫婦とはお茶漬なのだという茂吉の言葉に、妙子は初めて夫婦というものの味をかみしめるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1994年臨時増刊 小津と語る

シナリオ2 お茶漬の味:脚本=池田忠雄/小津安二郎

1952年10月下旬号

お茶漬の味:

1952年7月上旬夏季特別号

日本映画紹介:お茶漬の味

1952年6月上旬号

シナリオ:お茶漬の味