男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

浅草紅団

  • あさくさくれないだん
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    55.8点(8人)

  • 観たひと

    14

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1952
公開年月日 1952/1/3
上映時間 92分
製作会社 大映東京
配給 大映
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督久松静児 
脚本成澤昌茂 
撮影高橋通夫 
美術木村威夫 
音楽松井八郎 

キャスト

出演京マチ子 紅龍子
斎藤紫香 仙造
杉山道子 きみ子
小杉光史 若村
乙羽信子 鮎川マキ
宮地晴子 あい子
若原初子 お竹
杉狂児 留さん
若杉紀英子 アケミ
根上淳 島吉
岡譲二 中根
光岡龍三郎 
河村黎吉 須山
小宮一晃 源さん
潮万太郎 岡村

解説

川端康成原作「浅草物語」から「馬喰一代(1951)」の成澤昌茂が脚色し、「炎の肌」の久松静児が監督、同じく高橋通夫が撮影に当たっている。主演は「馬喰一代(1951)」の京マチ子と「十六夜街道」の乙羽信子で、斎藤紫香、杉狂児、根上淳、岡譲二、若杉紀英子などが共演している。

あらすじ

浅草フォリーズの人気者鮎川マキは、浅草の顔役中根から借りた金の言い訳に、愛人の島吉に行って貰った。もともとマキが目当ての中根は、その島吉を乾分に命じておどかし、浅草から放逐しようとしたが、怒った島吉は反対に乾分の一人、堀を刺してしまった。そして、必ず迎えに来るとマキにいい残して島吉は浅草を去った。島吉の身を案じ、また中根にしつこくからみつかれて困り果てたマキは象潟署の刑事をしている叔父の須山に事情を打ち明けた。一年たって島吉は浅草へ舞い戻って来てある夜、一人の田舎娘を救った。が、ピストルを持っていたことから、彼女が中根の養女の女剣劇、紅龍子で、島吉をおびき出す役目を仰せつかっている女と知った。龍子は島吉の人柄に惚れ込み、中根に逢って話をつけると単身島吉が出て行ったあとで、須山刑事に急報して、重傷を負わせられた島吉を救い出した。そして、隅田川の伝馬船のなかへかくした。しかしそこも中根にかぎつけられ、島吉があぶなくなったとき、マキと須山をつれて駆けつけたのも龍子だった。中根は須山刑事にひかれて行き、龍子とマキとははじめて須山から明かされて義姉妹を名のり合った。正月興業の紅龍子の舞台姿はまた一段と光って見えた。

関連するキネマ旬報の記事