男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

キーラーゴ

  • きーらーご
  • Key Largo
  • ----

amazon


  • 平均評点

    69.5点(65人)

  • 観たひと

    106

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1951/11/13
上映時間 0分
製作会社 W・B映画
配給 セントラル
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

「ジャンヌ・ダーク」のマクスウェル・アンダーソンの同名原作戯曲から、最近監督に転じて「危機」などを作ったリチャード・ブルックスと、監督のジョン・ヒューストン「マルタの鷹(1941)」が協同脚色した1948年映画。製作は「破局」のジェリー・ウォルド。ジョン・ヒューストンにとっては「黄金(1948)」に続く作品である。撮影は「塵に咲く花」のカール・フロイント、音楽はW・B大物映画を常に受け持つマックス・スタイナーの担当。主演は「北大西洋」のハンフリー・ボガート、「大雷雨」のエドワード・G・ロビンソン、「情熱の狂想曲」のローレン・バコール、「白昼の決闘」のライオネル・バリモア、「駅馬車(1925)」のクレア・トレヴァー(48年アカデミー助演賞)で、以下トーマス・ゴメス「幻の女」、ハリー・ルイス、ジョン・ロドネイらが助演する。

あらすじ

フロリダ半島の南の小島キー・ラーゴに、第2次大戦の復員将校フランク・マクラウド(ハンフリー・ボガート)が上陸した。イタリア戦線で失った部下の父テンプル老人(ライオネル・バリモア)が、部下の未亡人ノーラ(ローレン・バコール)とともに島で唯一軒のホテルを経営していた。ハリケーンも近いシーズン・オフとて、客もブラウンという男を頭にする5人の怪しい男たちがゲイ(クレア・トレヴァー)という女を連れて泊まっているだけだったが、フランクはブラウンの顔を見て彼が有名なギャングの頭目ジョニイ・ロコ(エドワード・G・ロビンスン)であることを知った。今夜限りで引き揚げるというロコは、テンプル老人やノーラを縛り上げ、脱獄インディアンを探しに来た保安官の部下ソウヤーを殺して、何事かを待ちはじめた。戦争のためひどい虚脱感に陥っているフランクはそれを見て何の反応も示さず、ノーラはその腑甲斐なさに歯ぎしりした。夜更けてハリケーンは強烈となり、ロコはホテルへ非難して来たインディアンを追い払い狂的に情婦のゲイをなぶりはじめた。フランクははじめてロコに反抗して彼女をかばった。数時間後駆けつけた保安官はソウヤーの死体をみつけ、ロコはそれがインディアンの仕業だとだました。やがてロコの待ちかまえたギャング仲間が着き、偽札取り引きが行われて一味は海上へ逃亡することになったが、嵐のため予約しておいた船はやって来なかった。ロコはフランクを脅し、キューバへ運べと命じた。足手まといになるので取り残されることになったゲイは、ひそかにフランクにピストルを渡した。霧の海上、服従するとみせかけていたフランクは突如一味に闘いを挑み、ついにロコ以下全員を倒してキー・ラーゴに引き返した。彼を迎えるノーラの顔は明るかった。

関連するキネマ旬報の記事