男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ある色魔の告白 色欲の果て

  • あるしきまのこくはくしきよくのはて
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    10.0点(1人)

  • 観たひと

    2

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ / エロス
製作国 日本
製作年 1968
公開年月日 1968/8/14
上映時間 82分
製作会社 青山プロダクション
配給 日活
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督江崎実生 
構成小川鉄也 
脚本山崎巌 
企画児井英生 
撮影岩崎秀光 
美術黒沢治安 
音楽大森盛太郎 
録音アオイスタジオ 
照明石田清三郎 
編集金子半三郎 
スチル花沢スタジオ 

キャスト

出演高品格 依田刑事
椙山拳一郎 山田刑事
藤木孝 逢坂順
山本昌平 サム
美矢かほる 向井洋子
乱孝寿 加納マリ
林美樹 五条ルミ
里見浩二 服部信一
高月絢子 石田君江
火島こずえ テレーズ
辰巳典子 湯沢かおる
花柳幻舟 湯沢明子
清水世津 白石かずえ
来見奈津子 平戸英子
橘桂子 倉田則子
大月麗子 大川光子
南令子 佐東圭子
高鳥和子 泉良子
真湖道代 本村芳江
二階堂浩 中西刑事
泉田洋志 大塚刑事
大原譲二 立花
冬木京三 工場の主人

解説

「女浮世風呂」の山崎巌がシナリオを執筆し、「黄金の野郎ども」の江崎実生がメガホンをとった風俗もの。撮影は「女浮世風呂」の岩崎秀光が担当。

あらすじ

蓬坂順は、近寄る女を次々と翻弄した。浮気な人妻則子、女子大生圭子、未亡人の光子、踊り子のルミたちは、皆かれの被害者だった。圭子の訴えで、一度は捕まった順だったが、証拠不十分で釈放。今度は、修理車を届けたついでに、人妻洋子に言い寄り、まんまと関係を結んだ。ところがその後喧嘩となり、彼女の車をぶっつけて怪我をしてしまった。この一件で、順は留置場に入れられたが、怪我の治療を口実に脱走し、クラブ・ギロチンへ逃げこんだ。そこではルミが、混血歌手サムに口説かれていた。順はルミを引戻そうとサムと決闘中に、あやまってルミを刺してしまった。そこへ依田刑事が駈けつけ二人は逮捕されたが、順は一瞬のスキを狙って依田を倒し、サムと手綻のまま夜の街へ逃走した。目指すは、サムの姉テレーズが働く伊豆の孤児院だった。海岸のロッジにまぎれ込んだ二人は、同性愛に狂う女教師と女高生を見たり、上司に肉体を奪われるBGの姿に出くわして欲情を禁じられなかった。やがて、二人は鉄道線路で手錠のクサリを切断すると、女ゴルファーを襲い目的を達した。その頃、警察陣も依田の他に山田、中西、大塚を加え刻々と二人に追っていた。一方色欲に狂う順とサムは、湯沢母娘の別荘を襲った。二人は母娘の肉体はおろか、別荘までいただいてしまった。しかし、この別荘を売った金の分配で、順とサムは争い、その間に順は明子に射たれて、血まみれになった。サムは順をかかえて逃げた。だが、刑事たちはすでに二人を包囲していた。やがて刑事の発射した一弾が順の背中を貫き、彼はサムの腕の中で息絶えていった。

関連するキネマ旬報の記事

1968年9月下旬号

日本映画紹介:ある色魔の告白 色欲の果て