男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

がんばれ!ベアーズ 特訓中

  • がんばれべあーずとっくんちゅう
  • The Bad News Bears in Breaking Training
  • ----

amazon


  • 平均評点

    63.1点(43人)

  • 観たひと

    72

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1977
公開年月日 1977/12/17
上映時間 0分
製作会社 レオナード・ゴールドバーグ・プロ作品
配給 パラマウント=CIC
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

あのガラクタ・チーム『ベアーズ』が、リーグ代表としてアストロドーム球場で大試合を展開していく姿を描く。製作はレオナード・ゴールドバーグ、監督は当年弱冠27歳のマイケル・プレスマン、脚本はポール・ブリックマン(ノヴェライゼーション/リチャード・ウッドリー著、二見書房刊)、原案はビル・ランカスター、撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はクレイグ・セイファンが各々担当。出演はウィリアム・ディヴェイン、クリフトン・ジェームズ、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジミー・バイオ、クリス・バーンズ、エリン・ブラントなど。

あらすじ

カリフォルニアの少年野球チーム『ベアーズ』が、ノース・ヴァレー・リーグで、一躍2位におどり出てから1年。首位『ヤンキーズ』がチームの統制を欠き、今『ベアーズ』に大試合のチャンスがまわってきた。アストロドーム球場でのプレーオフだ。もしこれに勝てば、日本遠征。こうなったらガンバラねば、チーム全員大ハリキリ。チーム一のひねくれ者のケリー(ジャッキー・アール・ヘイリー)は三文コーチをスカウトし、親にヒューストン行きをOKさせ、又、チームの投手力アップのためカーメン(ジミー・バイオ)を引き抜いてくる。こうして『ベアーズ』は親からねだった軍資金と、友人から借りた(?)マイクロバスで出発する。いざ、アストロドームへ……。だが、その前に腕だめしで、みちくさをくって、インディアンのチームと1試合した。だが、カーメンの乱投で大惨敗。カーメンの実力に『ベアーズ』の面々はショックを受けるものの、彼らはシューストンに着いた。しかし、彼らの着くのが遅かったので、『ベアーズ』は棄権とみられる。だが、彼らにマスコミは集まった。一方、ケリーがここに来た本当の目的は、音信不通の実父マイク(ウィリアム・ディヴェイン)に会うこと。ようやくケリーはマイクを探しあて、『ベアーズ』のコーチをやってもらう。又、彼は試合のスポンサーにかけあい、試合にだしてもらえるようにし、スポンサーの1人オーランスキー(クリフトン・ジェームズ)を説き伏せ、『ベアーズ』の滞在費を持たせるのに成功。ようやく、『ベアーズ』のホンバンがやってきた。3回表、5対0で負けていた『ベアーズ』はその裏に2点とり、さらに4回には逆転サヨナラ、満塁ホームラン。やった!やった!というぐあいに『ベアーズ』は日本遠征の権利を得、ケリーも父と、親子としての情を交わすことが出来たのであった。

関連するキネマ旬報の記事

1978年1月上旬新年特別号

外国映画批評:がんばれ!ベアーズ特訓中

1977年12月下旬号

外国映画紹介:がんばれ!ベアーズ特訓中

1977年11月下旬号

特別カラー・グラビア:「がんばれ!ベアーズ特訓中」

グラビア:「がんばれ!ベアーズ特訓中」

特集 「がんばれ!ベアーズ特訓中」:座談会 ビル・ランカスターが少年野球に託した愛と希望について語ろう 前田陽一×渡辺謙太郎×田山力哉×荒川堯

特集 「がんばれ!ベアーズ特訓中」:分析採録

1977年10月下旬号

グラビア:「がんばれ!ベアーズ特訓中」