男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ならず者(1964)

  • ならずもの
  • An Outlaw
  • An Outlaw

amazon


  • 平均評点

    71.7点(28人)

  • 観たひと

    49

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 1964
公開年月日 1964/4/5
上映時間 98分
製作会社 東映東京
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督石井輝男 
脚本石井輝男 
企画関政次郎 
片桐譲 
撮影林七郎 
美術藤田博 
音楽八木正生 
録音広上益弘 
照明川崎保之丞 
編集鈴木寛 
スチル丸川忠士 

キャスト

出演高倉健 南条
丹波哲郎 
杉浦直樹 広上
江原真二郎 ヤン
安部徹 
鹿内タカシ 
今井健二 俊坊
三原葉子 明蘭
高見理紗 小紅
南田洋子 秋子
加賀まりこ マリ
高城丈二 千田
千石規子 酒店の老姿

解説

「東京ギャング対香港ギャング」の石井輝男がオリジナル・シナリオを執筆、石井輝男が監督したアクションドラマ。撮影もコンビの林七郎。

あらすじ

殺し屋の南条は、毛という男に殺しの仕事を頼まれて香港に来た。しかし目的の男を射殺し、指定されたホテルに金を受けとりにいってみると、彼を待っていたのは女の死体だった。警察の追求をのがれて毛を探すうちに、南条は遊園地の賭け台で缶詰めを射止め、そこで缶詰めをぜひ買いたいという中国服の女明蘭に呼びとめられた。不審に思った南条が宿へ帰って調べて見ると、それは数億の値打ちの麻薬だった。翌日、南条は缶詰めを宿の少女小紅に預けると明蘭が待つアパートを訪ねた。南条はそこで、麻薬と交換に明蘭のボス蒋から、毛の居所を知らせてもらう約束をした。しかし明蘭は、麻薬の横取りを企み、南条をたくみにだまし、麻薬が小紅のところにあることを聞き出して小紅を殺して麻薬を強奪した。明蘭の情報から、毛が横浜にいることを探り出した南条は、横浜に帰るが、毛は一足ちがいで香港へ帰った後だった。再び香港へ戻った南条は、小紅を訪ねるが、そこで小紅が殺されたことを知る。毛を探して賭博場に来た南条は、そこで、勝った賭け金と交換に、毛の情報を聞き出すが、そこで蒋に会い、決闘を申しこまれた。蒋は南条が薬を持ち逃げしたと思い、又南条も、小紅殺しの張本人は蒋だと思っていたので、二人は怒り狂って闘う、がなお言い争ううちにそれが、明蘭の裏切りであることが解り二人は和解した。そして南条は蒋から毛のアジトを聞き出し、指定のホテルで、毛を待ちうけて復讐を果した。しかし南条も毛の手下に腹を射ち抜かれ、かけつけたパトカーの中で一人息を引きとるのだった。

関連するキネマ旬報の記事