男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

乾いた花

  • かわいたはな
  • Pale Flower
  • Pale Flower

amazon


  • 平均評点

    74.1点(91人)

  • 観たひと

    144

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    22

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1964
公開年月日 1964/3/1
上映時間 96分
製作会社 松竹大船
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督篠田正浩 
脚色馬場当 
篠田正浩 
原作石原慎太郎 
製作白井昌夫 
制作補若槻繁 
清水俊男 
中島正幸 
撮影小杉正雄 
美術戸田重昌 
音楽武満徹 
録音西崎英雄 
照明青松明 
編集杉原よ志 
スチル梶原高男 

キャスト

出演池部良 村木
加賀まりこ 冴子
藤木孝 
原知佐子 古田新子
中原功二 玉木
三上真一郎 礼二
杉浦直樹 相川
宮口精二 船田
東野英治郎 安岡
佐々木功 次郎
平田未喜三 溝口
山茶花究 今井
水島弘 中盆A
玉川伊佐男 中盆B
竹脇無我 歌手
倉田爽平 早川
水島真哉 サブ
斎藤知子 芸者
国景子 女給タア坊
田中明夫 恰福のいい客

解説

石原慎太郎原作を「泥だらけの純情(1963)」の馬場当と「涙を、獅子のたて髪に」の監督篠田正浩が共同で脚色、篠田が監督したヤクザもの。撮影もコンビの小杉正雄。

あらすじ

ヤクザ仲間の争いから人を殺して三年ぶりに娑婆へ出た村木は、賭場で「その少女」に心をひかれた。昔の女新子との夜は虚しかった。次の賭場で村木は再びその少女に会い、サシで勝負した。有金全部張って挑みかかる少女は、村木の心を楽しませた。その夜、村木は思いがけなく屋台でコップ酒を飲む少女を見た。名は冴子、もっと大きな勝負のある場所へ行きたいとせがむ。約束の日、豪華なスポーツカーで現れた彼女に村木は眼をみはった。大きな賭場での冴子の手捌きは見事だった。彼はふと隅にうずくまって少女を擬視している葉という男に気づいた。中国帰りで殺しと麻薬だけに生きているという、その死神のような眼に、村木はいいしれぬ危険を感じた。それでも勝負に酔った村木と冴子は、夜の街を狂ったように車を走らせた。二人は充たされたものを体に感じていた。ある日、豪酒なホテルのロビーで礼装した冴子の姿を見たとき、村木は初めて嫉妬を抱いた。次の賭場へ遅れて行った村木は、冴子が葉と語り合っているのを見た。突然ガサ入れがあったが、とっさに村木は冴子を小部屋に連れ込んで難を逃れた。無心に笑い転げる冴子に、村木は強烈な愛を感じた。そのころ、ヤグザ同士の縄張り争いにまき込まれ、村木は刺客の役を引き受けた。彼は冴子の見ている前で殺しをやるが、その瞬間、冴子の顔に歪んだ微笑を見た。そして二年、村木は刑務所で新入りの仲間から、冴子が葉に麻薬中毒患者にされ、殺されたことを知ったが、あどけない冴子の姿しか思い出せなかった。

関連するキネマ旬報の記事

1964年4月上旬春の特別号

日本映画批評:乾いた花

1964年3月上旬号

日本映画の若い芽を摘みとるな 松竹映画「乾いた花」をめぐって:オクラになったのが不思議

日本映画の若い芽を摘みとるな 松竹映画「乾いた花」をめぐって:公開にあたって作者側の言い分 容れられざるものの栄光

日本映画の若い芽を摘みとるな 松竹映画「乾いた花」をめぐって:公開にあたって作者側の言い分 苦痛に耐えつづけた8カ月

1963年9月上旬号

日本映画紹介:乾いた花

1963年8月下旬号

特別グラビア:「乾いた花」の篠田組

1963年7月下旬号

新作グラビア:乾いた花

1963年6月下旬号

シナリオ:乾いた花