男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

若い仲間たち うちら祇園の舞妓はん

  • わかいなかまたちうちらぎおんのまいこはん
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    59.6点(7人)

  • 観たひと

    15

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ミュージカル
製作国 日本
製作年 1963
公開年月日 1963/6/30
上映時間 92分
製作会社 宝塚映画
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督佐伯幸三 
脚色井手俊郎 
原作茂木草介 
製作渡辺美佐 
杉原貞雄 
撮影梁井潤 
美術加藤雅俊 
音楽宮川泰 
録音鴛海晄次 
照明下村一夫 
編集庵原周一 
助監督高野昭二 
スチル池上恭介 
振付藤間勘五郎 
藤本春樹 
ショウ構成山本紫朗 

キャスト

出演伊藤エミ 高林トリ子
伊藤ユミ 高林ヒナ子
園井啓介 小野道春
中尾ミエ ミエ子
伊東ゆかり ゆかり
園まり マリ子
乙羽信子 高林綾
島崎雪子 きよ子
浜美枝 桃子
立原博 源さん
太刀川寛 川中信行
スリーファンキーズ 歌手
田辺靖雄 小野道秋
加藤春哉 田崎順平
清水将夫 町田栄介
木の実ナナ 京子
沢リリ子 ラン子
上原謙 ジョージ・杉本
谷啓 友田
萬代峰子 生花の先生
左卜全 老僧
梓みちよ 牧ミチル
飯沼慧 山根
永野達雄 北村
真栄田幸子 千代
頭師孝雄 学生A
高峰圭二 学生B
頭師満 小坊主

解説

茂木草介原作を「ハイハイ3人娘」の井手俊郎が脚色、「河内風土記 おいろけ繁盛記」の佐伯幸三が監督したミュージカルドラマ。撮影はコンビの梁井潤。

あらすじ

祇園の舞妓トリ子は人気歌手の高林ヒナ子とは双生児の姉妹だが、母親の綾は祇園をとび出していったヒナ子をいまだに許さないと頑張っている。トリ子をはじめ三人娘のミエ子、ゆかり、マリ子たちの憧れの君は蓮昭寺の小野道春である。三人をスッパ抜いて嵐山へ出かけたトリ子と道春は、偶然にもヒナ子と作曲家の川中に出会った。二組のカップルは忽ち意気投合したが、川中の浮気性に腹を立てたヒナ子は車を暴走させ負傷してしまった。舞台に穴があくのに頭を抱えた川中は、トリ子を急ぎ替玉に仕立てた。これが美談として取上げられメキメキ売出していくトリ子にひきかえ、母親の許から病院へ通うヒナ子は一人残され、寂しい気持を道春にうちあけた。ある日、道春を訪ねてきた杉本と名乗る紳士は、トリ子とヒナ子の父親であると告白した。かつて彼は綾と固い契りを結んだものの親の言いなりに結婚、戦後ハワイで苦労して宝石商になったいま妻を亡くし、二十年振りに姿を現したものだった。杉本は親子をハワイへ引きとりたいといったが、綾は胸芸師の町田栄介と再婚する決心を告げた。同時に道春を慕っていることを知った姉妹は、互いに譲りあってハワイで音楽を勉強したいと懇願した。やがて杉本の別れの宴が開かれたが、彼は道春が仏教伝導のためハワイへ同行すると発表、驚いたトリ子、ヒナ子をはじめ三人娘は「道春さんには絶対に手を出しません」という連判状を書くのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1963年7月下旬号

日本映画紹介:若い仲間たち うちら祇園の舞妓はん