男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

愛を殺さないで

  • あいをころさないで
  • Mortal Thoughts
  • ----

amazon


  • 平均評点

    51.8点(45人)

  • 観たひと

    92

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991/11/2
上映時間 103分
製作会社 コロンビア映画
配給 コロンビア・トライスター
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

2組の夫婦が引き起こす殺人劇の顛末を、一人の人妻に語らせるという形式で描くサスペンス・ドラマ。監督は「モダーンズ」のアラン・ルドルフ。製作はジョン・フィードラーとマーク・ターロフ。エグゼクティヴ・プロデューサーは「熱き愛に時は流れて」の監督のテイラー・ハックフォードとスチュアート・ベンジャミン。脚本はウィリアム・ライリーとクロード・カービン。撮影はエリオット・デイヴィス。音楽はマーク・アイシャムという近年のルドルフ作品の常連が担当。

あらすじ

殺人事件の重要参考人シンシア・ケロッグ(デミ・ムーア)の取り調べが主任捜査官ウッズ(ハーヴェイ・カイテル)らによって始められようとしていた。彼女の幼馴染みの親友ジョイス(グレン・ヘドリー)は結婚式の日から夫ジェームズ(ブルース・ウィリス)との諍いが絶えなかった。彼はヤク中のろくでなしだった。ある日、女二人で計画したカーニバルでの気晴らしに強引にジェームスがついてきた。そこでちょっと目を離した隙にジョイスがジェームズを抹殺していた。二人は死体を捨て、口裏を合わせて殺人の事実を隠そうとする。しかし、帰宅したシンシアは夫アーサー(ジョン・パンコウ)に話してしまう。金儲けしか頭にないエゴイストのアーサーはシンシアをなじり、警察に事実を伏せるよう命じた。やがて死体が発見され、二人はうまく切り抜けたが、シンシアがアーサーに話したことを知ったジョイスは激怒、彼の口を塞がねばと言った。やがて、親の家に子供と一緒に行ったシンシアは、ジョイスからの電話でアーサーは家に一人だと言ってしまった。彼女が帰宅すると、アーサーは殺されていた……。ウッズは強く真実を告げるようにシンシアに迫り、彼女を釈放した。収監されたジョイスと目を合わせるシンシア。車の中で、シンシアはジェームスを殺したのは自分であることを回想する。そして、真実を告げるため警察署に戻っていった。

関連するキネマ旬報の記事

1991年11月下旬号

KINEJUN CRITIQUE:愛を殺さないで

1991年11月上旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):愛を殺さないで