男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

はだかっ子

  • はだかっこ
  • Run,Genta,Run!
  • ----

amazon


  • 平均評点

    75.5点(23人)

  • 観たひと

    42

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1961
公開年月日 1961/11/22
上映時間 146分
製作会社 ニュー東映東京
配給 東映
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督田坂具隆 
脚色成澤昌茂 
原作近藤健 
企画斎藤安代 
若槻繁 
製作大川博 
撮影飯村雅彦 
美術下沢敬悟 
音楽佐藤勝 
録音内田陽造 
照明川崎保之丞 
編集長沢嘉樹 
スチール遠藤努 

キャスト

出演伊藤敏孝 三浦元太
木暮実千代 三浦およし
三國連太郎 階下の尾沢おじさん
小宮光江 階下の尾沢おばさん
有馬稲子 高木秋子先生
東野英治郎 秋子の父庄平老人
大鐘光子 竹内ひとみ
八代万智子 ひとみの姉みどり
桜井基男 石山虎雄
打越正八 虎雄の父
山本緑 虎雄の母
木村英世 吉田三平
近衛秀子 三平の母
中西一夫 水上新一
増田順司 新一の父
住田知仁 吉井章
風見章子 章の母吉井夫人
神田隆 章の父吉井PTA会長
大場健二 小田久雄
成田裕 久雄のお父さん
五月藤江 おばあさん
斎藤麻美子 安藤弘子
米沢千江子 磯野ひろ子
田山まり 井上由美子
小野恵子 山崎静江
松下匠 工藤進
小畑町子 太田サダ子
岡田由紀子 高山一子
千秋実 チンドン屋の親方
菅井きん お君
清水正 校長先生
織本順吉 藤岡先生
小甲登志枝 女の先生A
伊藤慶子 女の先生B
谷本小夜子 女の先生C
織田政雄 沖山後援会長
関山耕司 犬殺しの男
菅沼正 警官
岡村文子 産婆のおばさん
小塚十紀雄 医者
石島房太郎 歯医者
児玉ひろみ 歯医者の娘
高島恭子 患者のおばさん
大野広高 ユネスコ村の駅長
岡部正純 トラックの運転手
佐藤淑子 医院の看護婦

解説

創作少年文学の近藤健原作「はだかっ子」を、「江戸っ子繁昌記」の成澤昌茂が脚色、「親鸞」の田坂具隆が監督した少年と母親の愛情物語。撮影は「風来坊探偵 岬を渡る黒い風」の飯村雅彦。

あらすじ

三浦元太は小学校六年生。父がインドネシヤで戦死したため、チンドン屋の三味線弾きやニコヨンをやっている母およしと二人で、十三軒長屋の屋根裏に住んでいる。貧しい生活にもめげず元太は明るく元気一杯だ。元太達は秋子先生の案内でユネスコ村へ写生に行った。元太は母にみせようと、父の戦死したインドネシヤの家を一心に描く優しい少年でもあった。級友久雄の犬が犬殺しに捕えられそうなのを見て、勇敢に犬殺しに向かっていったり、仲の良いひとみが腕白坊主にいじめられているのを助けたり、少年らしい正義感の持主でもあった。同じ家に住む江戸っ子肌の大工、尾沢おじさんとおばさん夫婦はそんな元太が可愛くてならず、何かとこの親子の世話をやいていた。秋子先生もこんな元太が大好きである。無理なニコヨン労働が続いておよしが病気になってしまった。そんな頃、親子討論会が開かれた。生徒からPTAへ、PTAから生徒へそれぞれの意見を述べる会であるが、元太は委員に選ばれてしまった。元太は腕っ節には自信があるがこういう席場での発言は大の苦手である。だが討論会は元太の勇気ある発言で俄然白熱化した。競輪ボス沖山後援会長が選挙にからんで長屋に住むお君さんをいじめたことを元太が暴露したからである。個人攻撃と怒った沖山は校長先生、秋子先生に喰ってかかった。秋子先生は今日の発言が全て子供達自身で考えた正しい意見であると主張した。だが、沖山には元太の発言には誰か黒幕があると思い、長屋におよしを訪ね彼女をせめた。およしはかつて沖山の世話になるという暗い過去があった。それから数日後修学旅行の日が来た。母が病床にあるため元太は旅行をあきらめ積立金を生活費に廻した。ひとみも旅行には行けなかった。二人は遊園地で一日を遊び廻り、二人だけの修学旅行と喜んだ。いつか夏が過ぎ、秋がやって来た。元太は八百米リレーの選手として、アンカーを受待った。リレーは元太の力走によって優勝した。その喜びを母に知らせようと一目散に我が家へ帰った元太は、母親およしの危篤状態を知った。「がんばれ母ちゃん、目をあけておくれよ母ちゃん」と元太の母を呼び戻す必死の叫びも空しく、母はおじさん、秋子先生に見守られて息をひきとった。元太はその通夜の晩失踪した。秋子先生は、元太の父がインドネシヤで戦死したことを思い、ユネスコ村のインドネシヤハウスに向かった。元太はこの家で思い切り泣いていた。元太は尾沢おじさん夫婦と暮すことになった。すっかり秋めいた並木道を、元太は元気一杯校門めがけて走っていくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1962年1月下旬正月特別号

日本映画批評:はだかっ子

1961年12月下旬号

「はだかっ子」に対する二つの意見:民主教育への全面的信頼

「はだかっ子」に対する二つの意見:紋切り型の“おとなの世界”

1961年10月下旬号

秋の日本映画大作展望:はだかっ子(田坂具隆)

日本映画紹介:はだかっ子

1961年9月下旬号

新作グラビア:はだかっ子

1961年8月下旬号

特別グラビア:「はだかっ子」の田坂組

1961年8月上旬号

シナリオ:はだかっ子 ニュー東映映画