男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

黒い樹海

  • くろいじゅかい
  • The Tough Guy
  • The Tough Guy


  • 平均評点

    59.9点(11人)

  • 観たひと

    12

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 1960
公開年月日 1960/12/14
上映時間 86分
製作会社 大映東京
配給 大映
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督原田治夫 
脚色長谷川公之 
石松愛弘 
原作松本清張 
企画藤井浩明 
製作中泉雄光 
撮影小林節雄 
美術山口煕 
音楽大森盛太郎 
録音渡辺利一 
照明泉正蔵 
スチル板垣公章 

キャスト

出演叶順子 笠原祥子
水木麗子 姉信子
藤巻潤 吉井正己
根上淳 妹尾郁夫
浜村純 鶴巻莞造
倉田マユミ 宇野より子
伊東光一 佐敷泊雲
花井弘子 娘令子
村田知栄子 妻富枝
北原義郎 西脇満太郎
矢島ひろ子 関谷しず子
穂高のり子 町田知枝
片山明彦 大島卯介
花野富夫 安藤
山川愛子 斎藤常子
村田扶実子 たみ
竹里光子 藤本加代
花布辰男 竹尾
遠藤哲平 医師
紺野ユカ 町子
星ひかる 編集長
市田ひろみ 美沙

解説

松本清張の推理小説を映画化したもので、長谷川公之と石松愛弘が共同で脚色、「俺の涙は甘くない」の原田治夫が監督した。撮影は「三人の顔役」の小林節雄。

あらすじ

笠原祥子と姉信子は二人でアパート暮しをしていた。ある日、信子は東北のおじさんを訪ねかたがた一人で旅行に出た。二日後、信子が浜松の郊外でバス事故で死んだという通知がきた。当時の模様を聞くと、信子は荷物がバスの前部に、彼女は後部に坐っていたていう。社員手帖が紛失していた。唯一の目撃者で食堂の店員斎藤常子は、すでに転職していなかった。洋子は姉の雑誌社に入社した。クリスマスの夜、同僚の町田知枝が殺された。信子は犯行現場に行き、知枝の弟となのる週刊誌記者吉井正己に会った。二人はこの殺人事件と姉の事故になにかつながりがあると感じた。祥子は姉の係の人間を調べた。美術評論家で女たらしの妹尾、妹尾と仲の悪い整形医西脇、生花家元の佐敷、画家の鶴巻、どれも臭かった。四人のクリスマスのアリバイは完全だった。その頃、祥子の頼みで常子が上京することになった。が、その途中で彼女は殺された。これはアパートの管理人が犯人に連絡したためだった。その管理人も犯人に轢き殺された。自動車の線から調べると西脇が怪しいことがわかった。しかし共犯がいる、妹尾だ。吉井が知枝の弟ではないことがわかり、祥子は怒った。妹尾が佐敷の娘と結婚することになった。祥子は轢き逃げの現場写真を偽造して西脇の病院を訪ねた。西脇は祥子のスキをみて麻酔薬をかがせ、妹尾の結婚式場に急いだ。--妹尾は浜松で西脇と信子の密会をみつけ、それをネタに西脇をゆすり、それを知った知枝や常子、管理人を殺したのだ。西脇は妹尾と病院に引返した。気がついた祥子はビルの窓外に逃げた。追う二人、病院にかけつける吉井……、吉井と西脇の格闘となった。間一髪、祥子は救出された。妹尾は墜死、西脇は逮捕された。

関連するキネマ旬報の記事

1961年2月上旬ベスト・テン総決算特別号

日本映画批評:黒い樹海

1961年1月上旬新年特別号

日本映画紹介:黒い樹海