男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

四畳半襖の裏張り

  • よじょうはんふすまのうらはり
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    69.6点(114人)

  • 観たひと

    168

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    27

基本情報

ジャンル エロス
製作国 日本
製作年 1973
公開年月日 1973/11/3
上映時間 69分
製作会社 日活
配給 日活
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督神代辰巳 
脚本神代辰巳 
原作永井荷風 
製作三浦朗 
撮影姫田真佐久 
美術菊川芳江 
録音高橋三郎 
照明直井勝正 
編集鈴木晄 
助監督鴨田好史 
スチール井本俊康 

キャスト

出演宮下順子 袖子
江角英明 信介
山谷初男 ぴん助
丘奈保美 夕子
絵沢萠子 花枝
芹明香 花丸
東まみ 菊子
粟津號 幸一
吉野あい 染香

解説

永井荷風原作『四畳半襖の下張』の映画化で、遊びの限りをつくした中年男と初見の芸者との床シーンの数々を描く。監督・脚本は「女地獄 森は濡れた」の神代辰巳、撮影は「戦争と人間 完結篇」の姫田真佐久が担当。

あらすじ

日本全国で米騒動が頻発する大正中期、東京・山の手の花街の夏。料亭“梅ヶ枝”では、おかみが芸者・袖子を待ちかねていた。客の信介は、三十歳半ばのちょっとした役者風のいい男で、世の中は米騒動で騒々しい最中なのに遊びに興じようという根っからの遊び人である。座敷に通された信介は、袖子の恥かしそうな仕草がもどかしい。信介が上になって布団をはがそうとすると「初めてですもの、恥かしい」と電気スタンドの明りを暗くする袖子……。外では号外の音が鳴り、騒がしい。置家、“花の家”では、芸者の花枝と花丸がすっかり仕度を整え、あてのない客を待っていた。一方、信介の動きがだんだん激しくなるが、袖子は半分お義理である。そのうち信介が横になると袖子も仕方なしに横になる。やがて、袖子の鼻息も次第に荒くなり、夜具は乱れ、枕はきしみ、伊達巻も徐々に乱れてくる。そして、信介の動きにつれて、袖子はもう気が遠くなりかけていた。袖子は初めの様子とはうって変り、次第に激しさも加わり、枕がはずれても直そうとせず身悶えるのだった。そんな袖子の乱れる反応を、信介は反り身になって見つめていた。やがて、信介は袖子の様子を見ながら、じっと辛棒していたが、袖子が「あれ! どうぞ」と髪が乱れるのにもかまわず泣きじゃくるのにとうとう我慢ができなくなり、袖子におおいかぶさっていった……。そして、二人は一息入れた後、二度、三度と頂点を極めるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1974年2月上旬決算特別号

特別グラビア 日本映画ベスト・テン:津軽じょんがら節/仁義なき戦い/青幻記/股旅/恍惚の人/四畳半襖の裏張り/戒厳令/仁義なき戦い 代理戦争/男はつらいよ・寅次郎忘れな草/戦争と人間完結篇

1973年12月下旬号

今号の問題作:四畳半襖の裏張り

1973年12月上旬号

日本映画紹介:四畳半襖の裏張り

1973年11月上旬号

グラビア:神代辰巳監督 「四畳半襖の裏張り」