男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

翔べイカロスの翼

  • とべいかろすのつばさ
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    57.2点(30人)

  • 観たひと

    44

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1980
公開年月日 1980/1/26
上映時間 112分
製作会社 翼プロダクション
配給 映画センター
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督森川時久 
脚本松山善三 
原作草鹿宏 
企画製作山口逸郎 
プロデューサー相澤徹 
撮影中尾駿一郎 
撮影協力キグレサーカス 
美術村木忍 
音楽さだまさし 
録音本田孜 
照明中谷敏清 
編集黒岩義民 
助監督渡辺範雄 
スチル山本耕二 
製作協力フリーフライト 

キャスト

出演さだまさし 栗山徹
奈良岡朋子 
ハナ肇 団長・岡野雄之
水野利枝 妻・春枝
藤原友宏 息子・チビ
橋本功 山下鉄男
井上美一 妻・美子
兵藤健 佐藤進
宮口精二 三輪彌七
尾藤イサオ 三輪信介
原田美枝子 三輪百合
倍賞美津子 南照子
石井隆一 その子供
曽我廼家五郎八 祖父・錦八
三木のり平 三木のり平
ヨネヤマママコ ヨネヤマママコ

解説

無難な人生の軌道に乗ることに背を向け、サーカスの世界に飛び込んで花形ピエロになりながら、超満員の観衆の前で綱渡り中に落下して死んだひとりの若者を描く。“ピエロのクリちゃん”の愛称で親しまれたキグレサーカスの栗山徹の短い生涯を記録した草鹿宏の同名のノンフィクションの映画化で脚本は「人間の証明 Proof of the Man」の松山善三、監督は「わが青春のとき」の森川時久、撮影は中尾駿一郎がそれぞれ担当。

あらすじ

昭和四七年、カメラマン志望のひとりの若者がサーカスの写真を撮りたくて、キグレサーカスを訪れた。その青年、栗山徹は巨大なテント、ジンタの響き、命をかけた曲芸、緊張、拍手、歓声、そして、サーカスで生き生きと働く人々に魅せられ、無難な人生に背を向け自分もサーカスの世界に生きていくことを決意する。そこに働く人々を撮り続け、生活をともにしていくうち、笑いの原点“ピエロ”を志願した。サーカスに造詣の深い三木のり平、パントマイムのヨネヤマママコの教えを受け、メイクも自分で工夫し、訓練を重ね、次々と難しい芸を覚え、晴れ舞台に踏み出していく。“ピエロのクリちゃん”が誕生、多くの子供たちや大人たちに愛される。その魅力が広がり始めたとき、悲しい事故が起った。昭和五二年十一月、クリちやんが興行中の高綱渡りの最中に落下して亡くなった。青春のすべてをピエロに賭けた若者、栗山徹二十八歳、もう“ピエロのクリちゃん”の姿は二度と見ることができなくなった。

関連するキネマ旬報の記事

1980年3月下旬号

日本映画批評:翔べイカロスの翼

1980年3月上旬号

日本映画紹介:翔べイカロスの翼

1980年2月上旬号

グラビア:翔べイカロスの翼