男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

Keiko

  • けいこ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.5点(40人)

  • 観たひと

    59

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1979
公開年月日 1979/11/17
上映時間 119分
製作会社 ヨシムラ・ガニオンプロダクション
配給 ATG
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演若芝順子 ケイコ
きたむらあきこ カズヨ
池内琢麿 
橋本敏夫 寺山
中西宣夫 野口先生
中野隆 映画館の男

解説

オフィスに勤める一人の孤独な女性の日常に介在する男性や家族を通して、女の真の自由を問う。脚本、監督は現在日本の京都に在住しているのカナダ人、クロード・ガニオン、撮影はアンドレ・ペルチエがそれぞれ担当。

あらすじ

ケイコは一年ほど前、女子大を卒業し、家族のもとを離れ社会人として自由な生活をエンジョイしていた。しかし、最近は、ボーイフレンドもなく、オフィスとアパートの往復だけの生活に、焦りと孤独、そして、沈んでいく自分を感じていた。そんなある日、喫茶店で、理想に近い男性・勝に出会う。彼女は全愛情を彼にそそぎ、幸福の絶頂にいた。しかし、暫くして、彼女は、多くを語らない彼に、自分はセックスの対象でしかなかったことを感じ、二人の関係は終りを迎えた。そんなとき、彼女の前に、一人の優しい男が現われる。しかし、今の彼女には友情以上のものを感じることが出来ない。そして、失意のどん底で親しい女友達・カズヨと生活を始めた。彼女は男性に求めていたすべてのものを友から与えてもらい、幸福な毎日を送っていた。だが、そんな夢のような生活も、家族たちの力で現実に引き戻され、彼女のもとを去らねばならなくなった。彼女は、自由について、自問しながら生きていく。

関連するキネマ旬報の記事

1980年1月上旬新年特別号

日本映画批評:Keiko

1979年12月下旬号

日本映画紹介:Keiko

1979年11月下旬号 創刊60周年記念特別号

グラビア:Keiko

1979年11月上旬号

「Keiko」特集:1 カナダ人が描いた平均的日本女性の生活

「Keiko」特集:2 異文化の眼と私たちの日常

1979年9月下旬号

キネ旬試写室:Keiko